シミを消す

【シミを消す】シミを消したい私がクリームと薬で薄くした方法

40過ぎてシミが濃くなりシミの消し方を探した。いろんなシミ取り法を試したけど効果なし。最近試した薬とクリームに効果がありシミも薄くなり消えた!濃いシミも我慢強く対策すれば綺麗に消えるシミの消し方、教えます。

顔のシミを消す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

もうすぐ40後半になる私。顔のシミが気になります。顔にシミがあるだけで、自分の顔に自信が持てなくなります。

 

頑張ってメイクでシミを隠してはいるものの、綺麗に隠せているか気になって、人前で明るくふるまえない。人を避けてしまう。気分もなぜか落ち込みますよね。

 

ですが、テレビでみたシミ取りジェルを続けたら、徐々にシミが薄くなって、シミが薄くなった分だけ気持ちが軽く明るなれました。今は、友達と話すのも楽しいですし、外出するのが楽しい。

 

私のシミを消したジェル→シミ取りジェル

 

シミは顔を黒くするだけじゃなく、心も黒く暗くしてしまうもの。早めに綺麗にした方が良いですよ。

 

↓シミを消すジェル↓

シミウス

 

シミが薄くなれば生活が変わります。

 

私は化粧品でシミを消しましたが、シミを消す方法はたくさんあります。あなたにあったシミ対策を見つけて下さい。

顔のシミを綺麗に隠すメイクのテクニック

シミ消えるかな?

シミを隠す効果的な化粧テクニック

ホワイトニング効果のある基礎化粧品などでシミを改善するのも大切ですが、気になるシミをメイクで上手に隠すテクニックを身につけることも重要です。しかしシミを隠すことに夢中になって、厚塗りをするのは逆効果です。なるべく自然な印象に仕上げながら、しっかりとシミを隠すテクニックを身に着けましょう。

小さなシミを隠すテクニック

小さなシミを隠すテクニックはリキッドファンデーションを塗った後に、柔らかめのコンシーラーでシミを隠すことです。筆タイプのものや、ペンシルタイプのものを使うと便利です。シミの部分にコンシーラーを乗せたら、コンシーラーの境目をぼかして馴染ませましょう。ここで丁寧にぼかすことが、自然に仕上げるテクニックのポイントとなります。

 

パウダーファンデーションを使う場合はファンデーションを塗るまえに、コンシーラーでシミを隠すようにしましょう。そしてコンシーラーの上から、パウダーファンデーションを塗ります。このときにコンシーラーを塗った所から、ファンデーションを塗っていくのがシミを隠すためのテクニックとなります。

 

こうすればコンシーラーとファンデーションが馴染みやすくなりますし、化粧崩れも防げます。ただ、濃いシミの場合はパウダーファンデーションではカバー力が弱いので、カバー力が高いリキッドファンデーションでしっかりとシミを隠すことをおすすめします。

広範囲に広がるシミを隠すテクニック

広い範囲のシミやソバカスには、カバー力の高いリキッドファンデーションがおすすめです。シミが広がっている所からファンデーションを塗り、その後顔全体に広げていきます。シミのない部分は、なるべく薄く付けてナチュラルな印象に仕上げましょう。特に顔と首の境目は薄めに塗るのがコツです。顔だけが浮いてしまうのを防げます。

 

それでもまだシミが目立つ場合は、もう一度気になる部分だけにファンデーションをつけます。少しずつ重ね付けして、塗りすぎないように注意してください。コンシーラーを広範囲に使うと、ボテッとした重たい印象になってしまうので、なるべくリキッドファンデーションでカバーしていきましょう。

 

そしてスポンジで、軽く叩きながら肌になじませていきます。少しずつ、ていねいに重ね塗りすることが、厚塗りにならないポイントです。最後にフェイスパウダーで仕上げましょう。パウダーも気になる部分から顔に乗せていくのが、シミを隠すテクニックのポイントとなります。こうすることでカバー力がアップします

 

シミを隠すテクニックでは、コンシーラーを使うテクニックを磨くことが大切です。

顔のシミを消す医薬部外品の化粧品

シミが消える化粧品

シミを消す医薬部外品と化粧品の違いは?

シミが気になり始めたら、適切な対策をとりましょう。ホワイトニング効果の高い基礎化粧品を選んで毎日お手入れをする必要がありますが、この基礎化粧品には医薬部外品と呼ばれるものがあります。医薬部外品の化粧品とはどのようなものなのでしょうか?

 

医薬部外品は医療薬の部外品といった意味合いで、医薬部外品は医療薬と化粧品の間に位置するものです。医薬部外品は厚生労働省が効果があると認めた成分が、ある程度の濃度で含まれているもので、治療目的として使われるものではありませんが、シミ・ソバカスを防ぐ、肌を潤すなどの効果を表記しても良いとされている商品です。ですから、医薬部外品のシミ対策化粧品は、シミ対策に高い効果が期待できる薬用化粧品なのです。

 

薬用化粧品とは医薬部外品のことです。薬用クリームなどと表記されることも多く、薬用と医薬部外品は同じ意味合いで使われています。医薬部外品として販売するためには、申請を行って厚生労働大臣の承認を受ける必要があります。一方、一般的な化粧品は厚生労働大臣の承認を受ける必要はありません。このため、シミを消すなどの効果を表記してはいけないと決められています。

 

シミ対策など明確な目的で使うなら、医薬部外品を選んだほうが効果が期待できます。

シミを消す人気の医薬部外品「シミウス

ホワイトニング リフトケアジェル

シミウスは薬用美白成分のプラセンタをたっぷりと配合した、シミ対策に有効な医薬部外品化粧品です。高濃度に配合されたプラセンタがシミ対策に有効で、シミの原因となるメラニンの生成を抑え、気になるシミを消すために最適な薬用化粧品です。その効果は専門家からも評価されており、医学雑誌の医学と薬学などでも紹介されています。

 

肌トラブルのない場合は、一般的な基礎化粧品でも十分なお手入れができますが、シミを消すためのケアを行うなら、薬効成分の高い医薬部外品を選ぶことをおすすめします。

 

医薬品の次にシミ対策に効果があり、シミの予防、シミを目立たなくさせる、肌の乾燥を防いで肌の状態を整えてくれるといった効果が期待できます。使用した人全員に効果が出るとは限らないものの、今のお手入れで思うようにシミが消せないのなら、医薬部外品のシミウスを試してみてもムダではありません。

 

シミウスは、優れたホワイトニング効果に加えて、化粧水や乳液、美容液の代わりになるオールインワンタイプ。洗顔後にシミウスを塗って、やさしくマッサージするだけでスキンケアが完了し、かんたんにシミ対策が行えるのが特徴です。優れた美白有効成分が高濃度に配合された化粧品を使って、シミのないうるおい肌を実現させましょう。

 

私のシミを消してくれたのも「シミウス」でした。私の場合、1ヶ月でシミを消すことは出来ませんでした。3ヵ月かかりましたから、じっくり3ヵ月は使い続けてみて下さい。

 

シミウス 公式サイト ↓
https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

 

顔のシミを消す効果のある食べ物について

ビタミンたっぷり
シミを消すためにはスキンケアが欠かせませんが、スキンケアだけに頼っていたのでは、思ったようにシミを消すことはできません。毎日の食事も、シミを消すためにはとても大切です。美肌を保つためには、肌に栄養をたっぷりと与えてあげる必要があります。基礎化粧品で外側から栄養を補給するだけでなく、食べ物で内側からもたっぷりと栄養を与えましょう。

 

シミを消すために効果的な食べ物をまとめました。

シミを消すビタミンが含まれている食べ物

まず、美白効果が非常に高いビタミンCは、シミを消すためには欠かせない栄養素です。メラニン色素を発生させる活性酸素を取り除く効果が高く、メラニン色素が作り出されるのを防ぎます。ビタミンCが多く含まれる食べ物には、レモンやミカン、ユズなどの柑橘類、いちご、赤ピーマンなどに多く含まれています。

 

ビタミンCは頑張って摂取しても、水に溶けてすぐに体の外へ排出されやすいので、一度にたくさんとるよりも、朝食、昼食、夕食に分けて、こまめに摂取するとシミを消す効果が高まります。

 

ビタミンB2もシミを消す成分として有名です。ビタミンB2は新陳代謝を高め、肌のターンオーバー周期を正常にして、メラニン色素を体の外に出してくれるのでシミを消すのに有効な栄養素です。ビタミンB2が多く含まれている食べものにはレバーやアーモンド、納豆、しその葉などがあります。

シミを消すのに有効な食べ物

ビタミン以外でシミを消すのに有効な成分として、L-システインがよく知られています。肌の新陳代謝を促す働きがあり、シミの原因となるメラニンを体の外へ排出してくれます。L-システインが含まれている食べ物には、大豆やハチミツなどがあります。また、L-システインはビタミンCと一緒に摂取すると、それぞれの効果がより高くなります。ハチミツとレモンでレモネードを作るなど、なるべく一緒にとるように食べ物を工夫してみましょう。

 

リコピンも優れた抗酸化作用がある成分で、紫外線によって生じたお肌のダメージも回復させてくれます。リコピンは体内で生成されない栄養素なので、食べ物から積極的に摂る必要があります。リコピンが含まれている食べ物にはトマトやピーマンなどがあります。

 

アスタキサンチンも活性酸素を取り除いてくれる栄養素です。さらにメラニンの生成を抑える作用もあります。アスタキサンチンが含まれている食べ物には鮭やいくらなどがあります。

 

このように活性酸素の働きを取り除いたり、紫外線による肌ダメージを回復したりといった優れた作用のある食べ物はたくさんあります。これらの栄養素を意識して毎日の食べ物からシミ対策を行いましょう。きっと内側からキレイになれるはずです。

顔のシミを予防するサプリって?シミ対策になるの?

シミに効くサプリ
シミを消すためにはスキンケアによる外側からのケアが不可欠ですが、これに加えて中からのケアもシミを消すためには必要というお話をしました。ですが、食事だけでシミ対策に関する栄養素を取るのは大変ですよね。サプリメントなら簡単にシミに効果的な栄養素を摂ることが出来るので、面倒な人には有効なシミ対策になります。

シミ対策に有効なサプリメントの成分は?

シミはメラノサイトという細胞がメラニン色素を作り出し、それが体内に長くとどまることでシミへと変化して発生します。メラニンが発生する原因では紫外線がよく知られていますが、このほかにも体内の活性酸素の増加、肌の炎症によってもメラニン色素が作られるので、シミの原因になります。

 

シミ対策のためにサプリを飲むなら、紫外線活性酸素炎症の3つにアプローチできるサプリがおすすめです。まず紫外線対策に有効なサプリメントの成分として、シダ抽出物のPolypodium leucotomosという成分があります。紫外線によってDNAが損傷を受けるのを防ぐ成分や、優れた抗酸化作用があります。ただ、紫外線対策では、日焼け止めクリームを塗るなど、外側からのアプローチも非常に重要です。

活性酸素対策にサプリメント成分は?

活性酸素は、紫外線はもちろん、タバコやお酒、ストレス、大気汚染などさまざまな原因で体内に生成されます。活性酸素が体内に増えるのをおさえるためには、食事で十分に摂取できなかったビタミンやミネラルを補うのが効果的です。抗酸化作用の高いビタミンはビタミンA、ビタミンE、ビタミンCです。食事から摂るのが基本ですが、多忙な現代社会ではなかなか難しいこともあるので、これらのビタミンをサプリメントで補うとシミ対策に有効です。

 

さらに活性酸素を無害化する成分として、ファイトケミカルが知られています。植物が強力な紫外線から実を守るための成分で、ワインなどに含まれるポリフェノール、トマトに含まれるリコピンなどが代表的な成分です。ザクロやアサイーも優れた抗酸化作用があります。このほか、コエンザイムQ10(ユビキノン)、グルタチオン、L-システインといった成分も、すぐれた抗酸化作用があります。

 

上記で紹介した成分は、今まで良いとされてきた抗酸化物質です。今では、ビタミン、コエンザイムQ10等の上を行く抗酸化物質が発見されています。それが水素です。国民生活センターは、水素の効果を認めないと言っていますが、それは医薬品ではないから。厳密に効果効能を書けないのです。ですが、水素を使った臨床データは多数ありますし、水素を使っての治療はもうすでに始まっています。

 

活性酸素のうち、悪玉活性酸素だけを水素は除去してくれます。活性酸素対策として水素はなくてはならない成分なのです。

 

炎症対策な有効なサプリメントの成分は?

炎症によるシミは普通のサプリメントでは効果があまり期待できないため、これ以上炎症を起こさないようにするサプリを飲むことが最も有効な対策になります。

 

EPA(イコサペンタエン酸)、DHA(ドコサヘキサエン酸)、ポリアミンといった成分が炎症を抑える効果が高いことで知られる成分です。

シミ対策はスキンケア、バランスのとれた食事とそれだけでは補えない栄養素をサプリメントで補助するだけでなく、ストレスをためない、ぐっすり眠るといった日頃の生活習慣を見直すことも大切です。

顔のシミを消す有効な薬は?


シミは薬で消すことができるのでしょうか。シミの種類によって変わりますが、医薬品として販売されているものは開発までに実験を繰り返し、シミを消す効果が認められています。ただし薬で消すことができない場合は、レーザー治療など別の治療が必要な場合もあります。紫外線が原因のシミの場合は、内服薬や塗り薬でもシミを消す効果が期待できます。

市販されているシミを消す商品

シミを消す内服薬として市販されているものは、L-システインとアスコルビン酸の2種類の有効成分に9種類の漢方が配合されたロスミンローヤルが有名です。シミを消す医薬品の内服薬です。シミに効く商品として一番手軽に使えます。

 

私は、シミウスを使って効果が出始めてきたころにロスミンローヤルを知りました。シミウスでシミが薄くなってきたころに、ロスミンローヤルを飲み始めたので、相乗効果でシミが消えていったのかなと思います。

 

ロスミンローヤル 公式サイト ↓
https://ainz-tulpe.com/
医師の処方薬でシミを消す

シミ消す基礎化粧

市販薬は副作用がでにくいように作られていますから、配合されている成分は若干少なめです。私はロスミンローヤルの効果が出ましたが、シミを消す効果を高めたい場合は、医師が処方したもののほうがおすすめです。

 

特にシミの中でも肝斑は、内服薬による治療が必要とされています。処方箋による塗り薬でよく知られているものに、ハイドロキノンがあります。強力な作用が特徴で、できてしまったシミを消してくれるため、肌の漂白剤とも呼ばれています。ハイドロキノンが高濃度に含まれているものは、副作用が出やすいので注意が必要です。

 

ハイドロキノンは医療機関などでシミの治療を目的に処方される医薬品に含まれる成分で、シミを消す働きがあります。体質によってはかぶれたり炎症を起こしたりすることがありますし、長期間使っていると肌が白くなりすぎて、塗っているところだけ白くなって肌がまだらになってしまうこともあります。このためあまり長い期間使い続けるのはおすすめできません。

 

内服薬ではトランサミン(トラネキサム酸)と呼ばれる薬が使われることがあります。止血剤として使われていますが、色素沈着を防ぐ働きをするのでシミを消すのにも効果があります。

 

ビタミンCも優れた美白作用のある成分ですから、内服薬から摂取することがあります。コラーゲンの生成にも深く関わっており、優れた抗酸化作用があることでも知られています。また、メラニン色素の沈着を防ぐので、美肌には欠かせない成分です。ビタミンEが処方されることもあります。メラニンの生成を阻害する働きがあり、抗酸化作用も強いので、ビタミンCと共に服用するとさらに効果的です。

 

もう一つ、ビタミンCと共に威力を発揮するのがL-システインです。メラニンの生成を防ぐとともに、肌のターンオーバー周期を整える働きがあります。ロスミンローヤルと使ってみて、シミを消す効果が得られない場合は、皮膚科で相談してみてはいかがでしょうか。

 

ロスミンローヤル 公式サイト ↓
https://ainz-tulpe.com/

 

顔のシミを消すレーザー治療

シミを消すのに効果抜群のレーザー治療とは?

顔にできたシミ。そのシミが大きかったり、色が濃かったりするとメイクで完全に隠せないこともあり、なんとか消すことができないかと悩みますよね。シミを消す方法は毎日のスキンケアや服用薬、塗り薬、サプリメント、食事などさまざまな方法がありますが、もっとも即効性の高いのがレーザー治療でシミを消す方法です。

 

レーザー治療は薬などでは効果が現れないシミを消す、より確実にシミを消すという効果が期待できます。治療は皮膚科クリニックや、美容外科クリニックで受けることができます。

 

シミを消すレーザー治療

レーザー治療

シミを消すレーザー治療では、シミのある部分に麻酔効果のあるクリームを塗り、シミにレーザーを照射して消していきます。麻酔効果のあるクリームを塗って施術が行われるので、激痛というほどの痛みはありません。しかし輪ゴムで肌を弾かれたような痛みを感じることがあります。痛みに弱い人などで希望があれば、表面麻酔を行ってくれるクリニックもあります。

 

シミを消すための施術時間はごくわずかで、直径1センチ程度のシミの場合は、約10秒で完了します。レーザーを当てた箇所は、火傷を負っているのと同じ状態になりますから、絆創膏を貼って肌を保護します。治療期間は症状によって異なりますが、一回でシミを完全に消すことができなかった場合は、数回治療を受けることもあります。レーザー治療は1か月に1度行われるのが一般的で、治療の経過を見るといった意味でも、2か月~3か月通うことになります。

 

レーザー治療を行ったあと、およそ10日するとレーザーを当てた場所がかさぶたになって、剥がれ落ちます。そのあとは赤く跡が残りますが、この後は1か月~半年程度で元にもどります。ただレーザー治療を受けた肌は非常に無防備な状態です。この状態で紫外線を浴びると、新しくシミを作ってしまうので万全の紫外線対策を行う必要があります。術後3か月は絆創膏を貼る、日焼け止めクリームを塗るなど、徹底的に紫外線カットを行いましょう。

 

シミを消すレーザー治療は、シミの種類や状況などによって異なりますし、クリニックによって治療費も治療システムも違ってきます。自由診療なので費用も高いのが一般的です。もちろん費用も病院によって異なります。施術を受ける前に具体的にどのような施術をするのか、どのような効果が出るのかなどの説明を受けて、納得してからレーザー治療を受けることをおすすめします。

 

 

シミを消す方法「まとめ」

シミを消す対策

シミを消す方法をいくつかご紹介しました。私は、レーザー治療はしていません。私が体験したのは、シミウスとロスミンローヤルです。シミを消す為に、内面と外面の両方から対策しました。それが良かったのか、3ヵ月でシミが薄く消えていきました。

 

即効性があるのはレーザー治療ですから、早くなんとかしたい!待てない!という方は、シミを消すためのレーザー治療を受けると良いでしょう。

 

私のようにレーザー治療は高額だし、少し怖いし・・・という方には、シミを消す化粧品とシミを消す内服薬が良いですね。どちらか一つを取れと言われたら・・・まずはシミウスですね。

シミウス 公式サイト ↓
https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

 

出来ればシミウスとロスミンローヤルはセットで使うと良いですよ。

ロスミンローヤル 公式サイト ↓
https://ainz-tulpe.com/

 

最後に、シミを消すためには時間がかかることを覚えておいてください。今日始めたから来月には綺麗にシミが消えている!なんてことはありません。長年かけて溜まってきたシミです。じっくり吐き出していきましょう。

 

シミを消すには、根気も必要ですよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬