シミ 消したい

シミを消したい!【私が試した化粧品と薬でシミを消す方法】

シミを消したい方、シミを消す方法がここに!化粧品、薬、効果のある方法で濃いシミも薄くします!

シミを消したい!【顔のシミ原因とシミを消す方法】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シミ

 

今年で46歳になる私。

 

顔のシミが気になります。

顔にシミがあるだけで、自分の顔に自信が持てなくなります。

 

シミを消したい!!!

 

メイクでシミを隠してはいるものの、綺麗に隠せているか気になって、人前で明るく振る舞えないし、人を避けてしまう。

気分もなぜか落ち込みますよね。

 

そんな私だけど、喫茶店でたまたま見た雑誌にシミを消す方法が載っていたんです。

ダメ元でシミ消しジェルを試したみたら、結構良い感じ!

 

私のシミを消したジェル→シミ取りジェル

 

シミは顔だけじゃなく、心も黒く暗くしてしまうもの。

早めにシミを消したいですよね。

 

↓シミを消すジェル↓

シミウス

 

シミが薄くなれば生活が変わります。

 

私は「シミを消すジェル」でシミを消しましたが、顔のシミを消したいと感じている人がたくさんいると思いました。

 

そこで、シミ対策についてお伝えしようと思いついたのです。

 

  • 化粧品でシミを消す方法
  • 飲み薬でシミを消す方法
  • 皮膚科でシミを消す方法

 

シミの原因や、シミを消す方法等、顔のシミについて詳しく紹介していきます。

 

あなたの「シミを消したい!」という想いのお役に立てられたら幸いです。

このシミ、消したい!

私のシミ、こんなに広がっていました。

 

シミ

 

子育てが精一杯で・・・なんて言い訳はしません。

紫外線対策もしたつもりですし、基礎化粧もそれなりに揃えていたんです。

 

それでも、こんなシミになってしまいました。

芸能人のようにエステにお金をかけていれば別だと思いますが、加齢もあるから仕方ないのかな?

と、半分諦め気分で、シミ取りジェル使ってみました。

 

シミウス

 

これが私が使った、「シミウス」というホワイトニングリフトケアジェル。

最初の使用感は、

 

とてもベタつく!

 

全然、肌にしみこんでいかないのです。

それもそのはず、肌の調子が悪い人はベタつくらしいです。

肌の調子が良くなってくれば、肌にスッとしみこむようになり、べた付きも治まるのだそう。

 

私の場合、2週間ほどでシミウスが肌にす~~~っとなじむようになりました。

 

それからいろいろあって、結局3ヵ月頑張ってみました。

最初の1ヶ月は、見た目に変化は感じませんでした。

 

3ヵ月経ってみると、大きなシミは残っていますが、薄いのはうっすら綺麗になってくれています。

 

シミウスでシミが消える

 

まだ完全には取り切れていませんので、シミウスは使い続けていきます。

完全にシミを消したいですからね。

私の場合、腕にもシミがあって、顔に塗ったついでに腕にもシミウスを塗っていました。

 

顔よりも、腕の方が早くシミが取れましたね。

 

顔以外のところにも使えるので、顔に塗って残ったシミウスは腕や脚に塗ってみて下さい。

 

シミウス 公式サイト ↓
https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

 

顔のシミを消す医薬部外品の化粧品

まず、私が使ったシミを消す医薬部外品の化粧品「シミウス」をご紹介します。

 

シミが消える化粧品

シミを消す医薬部外品と化粧品の違いは?

シミウスは、医薬部外品です。

医薬部外品と化粧品の違いについて説明しますが、そんな面倒な話よりも「シミウス」の詳細を知りたい方は、↓こちらからどうぞ。

 

シミウス 公式サイト ↓
https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

 

では、医薬部外品のシミ対策についてお話しますね。

シミ対策の基礎化粧品には医薬部外品と呼ばれるものがあります。

「シミウス」がそうです。

 

医薬部外品の化粧品とはどのようなものなのでしょうか?

 

言葉をそのまま解釈すると、医薬部外品は医療薬の部外品。

医薬部外品は医療薬と化粧品の間に位置するものです。

 

医薬部外品は厚生労働省が効果ありと認めた成分が、ある程度の濃度で含まれているもの。

治療目的として使われるものではありませんが、シミ・ソバカスを防ぐ、肌を潤すなどの効果を表記しても良いとされている商品です。

 

私が使っている「シミウス」も医薬部外品で、シミを消す効果があります。

 

シミウス

 

医薬部外品のシミ対策化粧品は、シミ対策に高い効果が期待できる薬用化粧品なのです。

 

薬用化粧品とは医薬部外品で薬用クリームなどと表記され、薬用と医薬部外品は同じ意味合いで使われています。

医薬部外品として販売するためには、申請を行って厚生労働大臣の承認を受ける必要があります。

 

一方、一般的な化粧品は厚生労働大臣の承認を受ける必要はありません。

このため、化粧品では「シミを消す」などの効果を表記してはいけません。

 

シミ対策など明確な目的で使うなら、医薬部外品を選んだほうが効果が期待できます。

シミを消したい方に大人気の医薬部外品「シミウス

ホワイトニング リフトケアジェル
シミウスは薬用美白成分のプラセンタをたっぷりと配合した、シミ対策に有効な医薬部外品です。

 

高濃度に配合されたプラセンタが「シミを消す」のに有効で、シミの原因となるメラニンの生成を抑え、気になるシミを消すために最適な薬用化粧品です。

 

その効果は専門家からも評価されていて、医学雑誌の医学と薬学などでも紹介されています。

 

肌トラブルのない場合は、一般的な基礎化粧品でも十分なお手入れができます。

ただ、シミを消したいなら、薬効成分の高い医薬部外品をおすすめします。

 

「シミウス」は医薬部外品ですから、医薬品の次にシミ対策に効果があります。

 

  • シミの予防
  • シミを目立たなくさせる
  • 肌の乾燥を防いで肌の状態を整えてくれる

といった効果が期待できます。

 

「シミウス」を使用した人全員に効果が出るとは限りません。

ですが、今のお手入れでシミが消せないのなら、医薬部外品の「シミウス」を試してみるのもあり。

だって、私のシミは綺麗になりましたしね。

 

シミウスは、優れたホワイトニング効果に加えて、化粧水や乳液、美容液の代わりになるオールインワンタイプ。

 

洗顔後にシミウスを塗って、やさしくマッサージするだけでスキンケアが完了!

かんたんにシミ対策が行えるのがシミウスの特徴です。

 

優れた美白有効成分が高濃度に配合された医薬部外品「シミウス」を使って、シミのないうるおい肌を実現させましょう。

 

私のシミを消してくれたのは「シミウス」です。

 

私の場合、シミが薄くなったのが「シミウス」を使用して3か月後です。

「シミウス」の最初の使用感は、べたついて気持ち悪いものでした。

それが使っているうちに肌になじむようになってきて(肌に吸い付く感じ)、

 

吸収率が上がった!

 

と感じるはず。

 

1ヶ月すると、肌にハリが出てきたのですが、シミは消えません。

肌の調子は良かったので、使い続けていると3ヵ月経つ頃にはシミが薄くなっていたんですね。

シミが消えないと不安になりますが、じっくり3ヵ月は使い続けてみると良いと思います。

 

シミウス 公式サイト ↓
https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

 

顔のシミを消す有効な薬は?


シミは薬で消せるのでしょうか。

 

医薬品として販売されているものは開発までに実験を繰り返し、シミを消す効果が認められています。

 

ただし薬でシミを消せない場合は、レーザー治療など別の治療が必要な場合もあります。

紫外線が原因のシミの場合、内服薬や塗り薬でもシミを消す効果が期待できます。

市販されているシミを消す内服薬

市販されているシミを消す内服薬は「ロスミンローヤル」が有名です。

 

ロスミンローヤルは、L-システインアスコルビン酸の2種類の有効成分に9種類の漢方が配合されたシミを消す内服薬です。

シミに効果的な医薬品として一番手軽に使えます。

 

私は、シミウスを使って効果が出始めてきたころにロスミンローヤルを知りました。

シミウスでシミが薄くなってきたころに、ロスミンローヤルを飲み始めたので、相乗効果でシミが消えていったのかなと思います。

 

ロスミンローヤル 公式サイト ↓
https://ainz-tulpe.com/
医師の処方薬でシミを消す

シミ消す基礎化粧

 

市販薬は副作用がでにくいように作られていますから、配合されている成分は若干少なめです。

 

私はロスミンローヤルで効果が出ましたが、シミを消す効果を高めたい方は、医師の処方した薬がおすすめです。

特にシミの中でも肝斑は、内服薬による治療が必要とされています。

 

処方箋による塗り薬でよく知られているものに、ハイドロキノンがあります。

ハイドロキノンは強力な作用が特徴で、できてしまったシミを消してくれるため、肌の漂白剤とも呼ばれています。

ハイドロキノンが高濃度に含まれているものは、副作用が出やすいので注意が必要です。

 

最近では、ハイドロキノンが配合された化粧品出ていますね。

ハイドロキノン低配合の化粧品ですが、美白成分なだけに効果が期待できそうです。

 

ハイドロキノンは医療機関などでシミの治療を目的に処方される医薬品に含まれる成分で、シミを消す働きがあります。

処方されるハイドロキノンはいずれも高配合なので、体質によってはかぶれたり炎症を起こしたりします。

また、高濃度のハイドロキノンを長期間使っていると肌が白くなりすぎるので、あまり長い期間使い続けるのはおすすめできません。

 

内服薬ではトランサミン(トラネキサム酸)と呼ばれる薬が使われています。

止血剤として使われる成分で、色素沈着を防ぐ働きをするのでシミを消す効果があります。

 

ビタミンCも優れた美白作用のある成分ですから、内服薬から摂取できます。

ビタミンCはコラーゲンの生成にも深く関わっており、優れた抗酸化作用があります。

また、ビタミンCはメラニン色素の沈着を防ぐので、美肌には欠かせない成分です。

 

ビタミンEもメラニンの生成を阻害する働きがあり、抗酸化作用も強いので、ビタミンCと共に服用するとさらに効果的です。

 

もう一つ、ビタミンCと共に威力を発揮するのがL-システインです。

メラニンの生成を防ぐとともに、肌のターンオーバー周期を整える働きがあります。

L-システインは、ロスミンローヤルにも配合されています。

 

ロスミンローヤルを使ってみて、今一つシミを消す効果が薄いなぁと感じる場合は、皮膚科で相談してみてはいかがでしょうか。

 

ロスミンローヤル 公式サイト ↓
https://ainz-tulpe.com/

 

顔のシミを消すレーザー治療

シミを消すのに効果抜群のレーザー治療とは?

顔にできたシミ。

そのシミが大きかったり、色が濃かったりすると塗り薬や飲み薬でシミを消せず、他の方法でなんとか消せないかと悩みますよね。

 

シミを消す方法は毎日のスキンケアや服用薬、塗り薬、サプリメント、食事などさまざまな方法がありますが、もっとも即効性の高いのがレーザー治療でシミを消す方法です。

 

レーザー治療は薬などでは効果が現れないシミを消す、より確実にシミを消すという効果が期待できます。

シミを消すレーザー治療は皮膚科クリニックや、美容外科クリニックで受けられます。

 

シミを消すレーザー治療

レーザー治療

 

シミを消すレーザー治療では、シミのある部分に麻酔効果のあるクリームを塗り、シミにレーザーを照射して消していきます。

 

麻酔効果のあるクリームを塗って施術が行われるので、激痛というほどの痛みはありません。

しかし輪ゴムで肌を弾かれたような痛みを感じる方もいらっしゃいます。

痛みに弱い人などで希望があれば、表面麻酔を行ってくれるクリニックもあります。

 

シミを消すための施術時間はごくわずかで、直径1センチ程度のシミの場合は、約10秒で完了します。

 

レーザーを当てた箇所は、火傷を負っているのと同じ状態になりますから、絆創膏を貼って肌を保護します。

治療期間は症状によって異なりますが、一回でシミを完全に消せなかった場合は、数回の治療が必要です。

 

レーザー治療は1か月に1度行われるのが一般的で、治療の経過を見るといった意味でも、2か月~3か月通うことになるでしょう。

 

シミを消すレーザー治療を行ったあと、およそ10日するとレーザーを当てた皮膚がかさぶたになって剥がれ落ちます。

赤く跡が残りますが、その後は1か月~半年程度で元にもどります。

 

ただレーザー治療を受けた肌は非常に無防備な状態です。

この状態で紫外線を浴びると、新しくシミを作ってしまうので万全の紫外線対策を行う必要があります。

術後3か月は絆創膏を貼る、日焼け止めクリームを塗るなど、徹底的に紫外線カットを行いましょう。

 

シミを消すレーザー治療は、シミの種類や状況などによって異なりますし、クリニックによって治療費も治療システムも違ってきます。

 

シミを消すレーザー治療は自由診療なので費用も高いのが一般的です。

 

施術を受ける前に具体的にどのような施術をするのか、どのような効果が出るのかなどの説明を受けて、納得してからレーザー治療を受けて下さい。

 

レーザー治療は確実にシミを消せるので、何をしてもシミを消せなかった人には朗報ですね。

 

 

顔のシミができるメカニズム。どのようにシミが進行する?

年を重ねるに連れて増えてくるシミ。

どのようなメカニズムでシミが発生するのでしょうか?

 

シミが発生する原因とそのメカニズムについて理解し、効果的なシミ対策につなげましょう。

シミが発生する原因とメカニズム

シミを消す

 

シミの種類ごとに原因は異なりますが、一般的なシミの原因は紫外線です。

 

どのようなメカニズムで紫外線からシミができるの?

 

紫外線は肌表面から、肌の奥へと入って細胞内のDNAを破壊します。

その結果、肌が老化したり、DNAに異常が起こって皮膚がんになったりするなど、体に悪影響をおよぼします。

そうならないように体が危険を察知して紫外線から肌を守るために、肌の表皮にあるメラノサイトという細胞が、メラニン色素を作り出します。

 

メラニン色素は、私たちの体を守る為に作られるものなのです。

 

以下は、メラニン色素が作り出されるメカニズム。

若干、難しい内容なので、活性酸素の項まで飛ばしても良いですよw

 

まず皮膚に紫外線が当たると、メラノサイトという細胞にそのことを伝達する情報物質が作られます。

メラノサイトはこの情報物質を受け取ると、メラノサイトの働きが活発になったメラニン色素を作り出そうとします。

 

メラニン色素はメラノサイトのなかにあるチロシンというアミノ酸に、チロシナーゼと呼ばれる酵素が関与して、生成されます。

こうしてメラノサイトで作り出されたメラニン色素が周囲の細胞へと届けられ、紫外線を吸収して紫外線の働きを無効化させるのです。

 

このようなメカニズムでメラニン色素が作られますが、肌のターンオーバーによって体の外に剝がれ落ちるので必ずしもシミになるとは限りません。

新陳代謝を高めるとシミができにくいのです。

 

しかしメラニン色素が大量に作られたり、常時紫外線の刺激を受け続けたりすると、メラニン色素の排出が追いつかなくなって、肌の中に長期間にわたって留まってしまいます。

そしてメラニン色素が色素沈着してシミへと変化するのです。

 

このようなメカニズムで紫外線からシミが作られます。

活性酸素もシミの原因に

シミ減らす

 

活性酸素もシミの原因になります。

活性酸素が体内で作り出されたときも、メラノサイトがメラニンを作り出して体を守ろうとするからです。

 

活性酸素は紫外線を浴びたときにも発生しますが、それ以外にも喫煙や飲み過ぎ、ストレス、睡眠不足など不規則な生活習慣によっても発生します。

 

たとえ紫外線を浴びなくても、タバコを吸っていたり、大きなストレスを抱えたりしていたら、それがシミの原因となるメカニズムです。

 

 

顔のシミを消す効果のある食べ物について

ビタミンたっぷり
シミを消すにはスキンケアが欠かせませんが、スキンケアだけに頼っていたのでは、思ったようにシミは消せません。

 

毎日の食事も、シミを消すためにはとても大切です。

 

美肌を保つためには、肌に栄養をたっぷりと与えてあげる必要があります。

基礎化粧品で外側から栄養を補給するだけでなく、食べ物で内側からもたっぷりと栄養を与えましょう。

 

シミを消すために効果的な食べ物をまとめました。

シミを消すビタミンが含まれている食べ物

美白効果が非常に高いビタミンCは、シミを消すためには欠かせない栄養素です。

 

メラニン色素を発生させる活性酸素を取り除く効果が高く、メラニン色素が作り出されるのを防ぎます。

ビタミンCが多く含まれる食べ物には、レモンやミカン、ユズなどの柑橘類、いちご、赤ピーマンなどに多く含まれています。

 

ビタミンCは頑張って摂取しても、水に溶けてすぐに体の外へ排出されやすいので、一度にたくさんとるよりも、朝食、昼食、夕食に分けて、こまめに摂取するとシミを消す効果が高まります。

 

ビタミンB2もシミを消す成分として有名です。

 

ビタミンB2は新陳代謝を高め、肌のターンオーバー周期を正常にして、メラニン色素を体の外に出してくれるのでシミを消すのに有効な栄養素です。

ビタミンB2が多く含まれている食べものにはレバーやアーモンド、納豆、しその葉などがあります。

シミを消すのに有効な食べ物

ビタミン以外でシミを消すのに有効な成分として、L-システインがよく知られています。

 

肌の新陳代謝を促す働きがあり、シミの原因となるメラニンを体の外へ排出してくれます。

L-システインが含まれている食べ物には、大豆やハチミツなどがあります。

 

また、L-システインはビタミンCと一緒に摂取すると、それぞれの効果がより高くなります。

ハチミツとレモンでレモネードを作るなど、なるべく一緒にとるように食べ物を工夫してみましょう。

 

リコピンも優れた抗酸化作用がある成分で、紫外線によって生じたお肌のダメージも回復させてくれます。

 

リコピンは体内で生成されない栄養素なので、食べ物から積極的に摂る必要があります。

リコピンが含まれている食べ物にはトマトやピーマンなどがあります。

 

アスタキサンチンも活性酸素を取り除いてくれる栄養素です。

 

さらにメラニンの生成を抑える作用もあります。

アスタキサンチンが含まれている食べ物には鮭やいくらなどがあります。

 

このように活性酸素の働きを取り除いたり、紫外線による肌ダメージを回復したりといった優れた作用のある食べ物はたくさんあります。

これらの栄養素を意識して毎日の食べ物からシミ対策を行いましょう。きっと内側からキレイになれるはずです。

 

L-システインが入っている内服薬に「ロスミンローヤル」があります。

普段の食事から摂取し辛い場合は、飲んでみるのも良いでしょう。

 

ロスミンローヤル 公式サイト ↓
https://ainz-tulpe.com/

 

顔のシミを綺麗に隠すメイクのテクニック

シミを消して綺麗になる

 

シミを隠す効果的な化粧テクニック

今まで、シミを消す対策ばかり話してきましたが、シミが消えるまでの間、外出しないわけにはいきません。

綺麗にシミを隠すテクニックを身に着けておきましょう!

 

最初に注意点から。

シミを隠すことに夢中になって、厚塗りをするのは逆効果です。

 

なるべく自然な印象に仕上げながら、しっかりとシミを隠すテクニックを身に着けましょう。

小さなシミを隠すテクニック

小さなシミを隠すテクニックです。

リキッドファンデーションを塗った後に、柔らかめのコンシーラーでシミをぼかしましょう。

 

コンシーラーは筆タイプのものや、ペンシルタイプのものを使うと便利です。

シミの部分にコンシーラーを乗せたら、コンシーラーの境目をぼかして馴染ませましょう。

ここで丁寧にぼかすことが、自然に仕上げるポイントとなります。

 

パウダーファンデーションを使う場合はファンデーションを塗るまえに、コンシーラーでシミを隠すようにしましょう。

そしてコンシーラーの上から、パウダーファンデーションを塗ります。

 

このときにコンシーラーを塗った所から、ファンデーションを塗っていくのがシミを隠すためのテクニックとなります。

こうすればコンシーラーとファンデーションが馴染みやすくなりますし、化粧崩れも防げます。

 

ただ、濃いシミの場合はパウダーファンデーションではカバー力が弱いので、カバー力が高いリキッドファンデーションでしっかりとシミを隠すことをおすすめします。

広範囲に広がるシミを隠すテクニック

広い範囲のシミやソバカスには、カバー力の高いリキッドファンデーションがおすすめです。

 

シミが広がっている所からファンデーションを塗り、その後顔全体に広げていきます。

シミのない部分は、なるべく薄く付けてナチュラルな印象に仕上げましょう。

特に顔と首の境目は薄めに塗るのがコツです。

顔だけが浮いてしまうのを防げます。

 

それでもまだシミが目立つ場合は、もう一度気になる部分だけにファンデーションをつけます。

少しずつ重ね付けして、塗りすぎないように注意してください。

コンシーラーを広範囲に使うと、ボテッとした重たい印象になってしまうので、なるべくリキッドファンデーションでカバーしていきましょう。

 

そしてスポンジで、軽く叩きながら肌になじませていきます。

少しずつていねいに重ね塗りし、厚塗りにならないように気をつけましょう。

 

最後にフェイスパウダーで仕上げましょう。

パウダーも気になる部分から顔に乗せていくのが、シミを隠すテクニックのポイントとなります。

このテクニックでカバー力がアップします

 

シミを隠すテクニックでは、コンシーラーを使うテクニックが重要です。

 

シミを消す方法「まとめ」

シミを消す対策

シミを消す方法をいくつかご紹介しました。

私は、レーザー治療はしていません。

 

私が体験したのは、シミウスとロスミンローヤルです。

 

シミを消す為に、内面と外面の両方から対策しました。

それが良かったのか、3ヵ月でシミが薄く消えていきました。

 

即効性があるのはレーザー治療ですから、早くなんとかしたい!待てない!という方は、シミを消すためのレーザー治療を受けると良いでしょう。

 

 

私のようにレーザー治療は高額だし、少し怖いし・・・という方には、シミを消す化粧品とシミを消す内服薬が良いですね。

どちらか一つを取れと言われたら・・・まずはシミウスですね。

 

シミウス 公式サイト ↓
https://www.mebiusseiyaku.co.jp/

 

出来ればシミウスとロスミンローヤルはセットで使うと良いですよ。

 

ロスミンローヤル 公式サイト ↓
https://ainz-tulpe.com/

 

最後に、シミを消すためには時間がかかることを覚えておいてください。

 

今日始めたから来月には綺麗にシミが消えている!なんてことはありません。

長年かけて溜まってきたシミです。

じっくり吐き出していきましょう。

 

シミを消すには、根気も必要ですよ。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬