シミ そばかす 違い

シミを消したい!【私が試した化粧品と薬でシミを消す方法】

シミを消したい方、シミを消す方法がここに!化粧品、薬、効果のある方法で濃いシミも薄くします!

シミとそばかすの違いは?シミとそばかすの予防や対策方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 5分

シミとそばかす、どちらも同じようにみえますが、シミとそばかすはどう違うのでしょうか?

シミ対策とそばかす対策はどのようにすれば効果的なのでしょうか?

 

シミとそばかすの違いは?

シミとそばかす
シミには色々な種類がありますが、紫外線を受けたり、肌の炎症が起こったりしてメラニン色素が発生し、それが体の外にうまく排出されずにお肌に残り、色素沈着を起こして発生するケースがほとんどです。

 

何らかの刺激に肌の細胞が反応して、メラニン色素を作り出すことによってシミが発生します。

 

一方、そばかすは遺伝によるケースが多く、子どもの頃から発生するのが一般的です。

しかし、そばかすもメラニンによって発生するのでシミの発生と根本は同じです。

そのため、紫外線を浴びるとそばかすが濃くなることが多いのです。

 

シミとそばかすには紫外線対策を

 

日焼けを防ぐ

 

そばかすは遺伝性のものであるため、自己流のスキンケアなどではそばかすを薄くするのは難しいです。

そばかすを消すためには皮膚科や美容外科クリニックなどで治療を受ける必要があります。

 

しかし、今よりもそばかすを濃くしないためのセルフケアを行うことは可能です。

また年齢を重ねていくと、そばかすが薄くなるケースもあります。

 

シミもそばかすも紫外線によって濃くなったり増えたりするので、シミ対策とそばかす対策はどちらも、紫外線対策を徹底的に行うことが大切です。

 

シミを増やさないためにも、そばかすを今以上濃くしないためにも、万全の紫外線対策を行いましょう。

紫外線はシミの最も大きな原因の1つです。

 

日焼け止めクリームを塗る、日傘や帽子で紫外線をブロックするなど紫外線を浴びないよう対策をとってください。

 

シミとそばかす予防には肌の刺激を減らす

洗顔時にごしごしと顔をこするなど、お肌を刺激しないようにすることも大切です。

 

肌を刺激すると炎症を起こします。

そうすると炎症を起こした肌を守ろうとして、メラニン色素が作り出されるからです。

 

ニキビなどの肌トラブルもメラニン色素を作り出す原因になるので、毎日のスキンケアも大切です。

肌トラブルを防ぐためには、肌を乾燥させないことです。

 

そしてホワイトニング効果の高い基礎化粧品で、美白する習慣をつけましょう。

 

↓ハイドロキノンとビタミンC美容液 ↓
http://pluskirei.com/

シミとそばかすに美白効果の食べ物を

美白効果の高い栄養素を積極的に取ることも、シミ、そばかす対策になります。

 

美白効果の高い栄養素として知られているのが、ビタミンCです。

ビタミンCには、シミを薄くする働きがあります。同時にメラニン色素を作り出すのを阻害しますから、新たなシミを作りにくくしてくれます。

柑橘類やいちご、キャベツ、ブロッコリーなどに多く含まれています。

 

このような毎日のちょっとした習慣を続けることが、シミやそばかす対策には何よりも効果的です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬