顔 シミ 種類

シミを消したい!【私が試した化粧品と薬でシミを消す方法】

シミを消したい方、シミを消す方法がここに!化粧品、薬、効果のある方法で濃いシミも薄くします!

顔のシミってどんな種類があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

一口にシミといっても、さまざまな種類があります。

顔に出来るシミの主な種類について、まとめました。

 

あなたのシミがどの種類のものなのかを理解することで、適切なケアが可能になります。

 

シミの種類

 

シミ

老人性色素斑

第1は、老人性色素斑です。

シミの種類のなかでも、最もよく知られているものです。

これは紫外線が原因で出来るシミで、シミのなかでも代表的なものです。

 

紫外線を浴びるとメラニンが生成されますが、これが肌のターンオーバーによって体の外に排出されれば問題はありません。

しかし、ターンオーバーの乱れなどで、うまくメラニンが排出されない場合、シミとなって現れます。

 

加齢に伴ってシミが目立ち始めるのも特徴です。

肝斑

第2は、肝斑です。

 

頬骨などに左右対称で現れるのが特徴で、30代~40代の女性に多いのですが、閉経するとこのシミは消えてしまいます。

このため、女性ホルモンによって現れると考えられています。

 

妊娠やピルの服用でも、現れやすくなります。

そばかす

第3は、そばかすです。

 

細かな点のようなシミが顔に散らばったように出るのが特徴です。

遺伝によるものも多く、小学生ころから出始めます。

 

紫外線によってソバカスが濃くなるケースも少なくありません。

炎症性色素沈着

第4は、炎症性色素沈着です。

 

ニキビや虫刺され、化粧品によるかぶれなど皮膚の炎症が原因で発生するシミです。

 

皮膚が炎症を起こすと、炎症を治そうとして新たな細胞を生み出そうとする働きがおこります。

このときにメラニンを発生させようとする働きも活発になるため、炎症部分がシミになることがあります。

 

このシミは年齢にかかわらずできますが、時間がたつと薄くなっていくこともあります。

 

スキンケアでは効果が現れない種類のシミも

遅発性両側性太田母斑

第5は、遅発性両側性太田母斑です。

 

これは額や頬などに、生まれたときからあるシミや青色のアザです。

生まれてすぐに出現する場合もあれば、大人になってから出現するものもあります。

 

これはスキンケアでは改善されない症状なので、レーザー治療などが行われます。

脂漏性角化症

第6は、脂漏性角化症です。

 

シミがイボのように盛り上がったものです。

顔だけでなく、手の甲に出現することもあります。

このシミもスキンケアでは効果がありません。

 

皮膚科などでレーザーによる治療が必要となります。

その他のシミ

このほかにも摩擦黒皮症花弁状色素斑など、さまざまな種類があります。

 

紫外線が原因の老人性色素斑は、ホワイトニング効果の高いスキンケアなどで改善できますが、なかには化粧品では効果が現れない種類のものもあります。

 

シミの種類をよく見極めて、適したケアを行うことが大切です。

自分のシミがどの種類なのか気になる場合は、皮膚科の先生に相談してみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬