シミ メカニズム

シミを消したい!【私が試した化粧品と薬でシミを消す方法】

シミを消したい方、シミを消す方法がここに!化粧品、薬、効果のある方法で濃いシミも薄くします!

シミが出来るメカニズム!こうしてシミが作られる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミができるメカニズム

 

シミが出来る
見た目年齢を高くするシミ。

シミは肌の老化が原因と考えていませんか?

 

シミの原因は老化ではなく、紫外線によるものです。

 

表皮は一番表面にある表皮細胞(ケラチノサイト)と、最も底にある色素細胞(メラノサイト)などから構成されており、0.1~0.3ミリの表皮は角質層・顆粒層・有棘層・基底層の4層に分かれています。

そして一番下にある基底層にあるメラノサイトが、シミの原因となるメラニン色素を作っています。

 

ケラチノサイトの中にある核に紫外線が当たると、核の中にある遺伝子が傷つけられたり、破壊されたりします。

これによって皮膚がんが起こるなど、体に大きなダメージが残ります。

 

そこで紫外線から体を守るために、表皮の最も下の基底層にあるメラノサイトと呼ばれる色素細胞がメラニン色素を発生させ、それを表皮細胞に運んで表皮細胞を覆い、紫外線を吸収し、真皮層まで届かないようにします。

 

メラニンが発生するまでのメカニズムは、次のようなものです。

ケラチノサイトが紫外線の刺激をうけると、メラノサイトにメラニン色素を作ってほしいというサインとなる情報伝達物質を作ります。

この情報伝達物質がメラノサイトの働きを活発にさせます。

 

メラノサイトは、チロシンと呼ばれるアミノ酸を元に、酵素を使ってメラニンを合成します。

このようにして作り出されたメラニンがケラチノサイトへと送られるのです。

 

メラニンはシミの原因となる悪者ではありますが、その反面、有害な紫外線から私達を守ってくれる重要な役割を担っているのです。

 

ターンオーバーが遅くなるとシミになる

 

シミになる

 

メラニンは通常、皮膚のターンオーバーによって体の外へと排出されます。

 

しかし紫外線を浴び続けると、メラノサイトはメラニンを作り続けてしまいます。

あまりにも多く発生したメラニンは、ターンオーバーでは全てを排出することができず、肌の中にメラニンが留まってしまいます。

 

そして紫外線はターンオーバーの周期も乱してしまうのです。

通常は28日周期でターンオーバーが行われますが、ターンオーバー周期が長くなり、メラニン色素が肌にとどまることになります。

 

ターンオーバーが長くなり色素沈着を起こしシミになる!

 

シミを作らないためには紫外線を浴びないことが大切ですが、それと同時に新陳代謝を高めターンオーバー周期を正常に戻して、シミの原因になるメラニン色素を体外にきちんと排出することも重要です。

 

ターンオーバー周期は肌の部位によって異なりますが、顔のターンオーバーは28日前後です。

このターンオーバー周期を長引かせないことが大切です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬