シミ 消す 成分

シミを消したい!【私が試した化粧品と薬でシミを消す方法】

シミを消したい方、シミを消す方法がここに!化粧品、薬、効果のある方法で濃いシミも薄くします!

顔のシミを消す効果のある美容成分は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミには美白効果の高い成分が使われている基礎化粧品でのケアが欠かせません。

シミを消す美容成分はその効果によって、主に2つに分かれます。

 

1つはメラニンの生成を抑えて、シミを発生させないようにする効果です。

もう1つは、できてしまったシミを薄く目立たせなくする効果です。

 

そしてメラニンの生成を抑えて、シミを発生させないようにする美容成分にも、2つの種類の美容成分があります。

1つは、メラニンを作り出す酵素の働きをストップさせる美白成分

もう1つは、メラノサイトにメラニンを作らせるための情報伝達物質をストップさせる美容成分です。

 

これらの働きをする美容成分は、いろいろありますが、その中から代表的な美容成分をまとめてみました。

メラニンの生成を抑える効果のある美容成分

 

美容成分

プラセンタエキス

メラニンの生成を抑えて、シミを発生させないようにする効果のある美容成分の1つに、プラセンタエキスがあります。

動物の胎盤から取れた栄養豊富な美容成分ですが、メラニン色素を発生させるために必要なチロシナーゼという酵素の働きをストップさせる作用があります。

これに加えて抗炎症作用や活性酸素を取り去る作用もあるため、より効果的にメラニン色素の発生を防いでくれます。

アルブチン

コケモモなどの植物に含まれるアルブチンも、チロシナーゼの働きを抑えて、メラニンの発生をストップさせてくれる美容成分です。

トラネキサム酸

人工的に合成されたアミノ酸のトラネキサム酸も、メラノサイトの働きを抑えてメラニン色素を発生させなくする働きをします。

紫外線によるシミだけでなく肝斑にも効果を発揮します。

コウジ酸

麹から作られるコウジ酸も、メラニンの発生を阻害する成分としてよく知られています。

メラニンを生成するよう伝える情報伝達物質を発生させない、活性酸素を抑える、炎症を予防するといった紫外線によるダメージを防ぐ効果が高いことで知られています。

 

できてしまったシミを薄くする成分

ビタミンC誘導体

できてしまったシミを薄く、目立たせなくする成分の代表選手は、ビタミンC誘導体です。

ビタミンCは美白効果の高い成分として知られていますが、肌に吸収されにくいというネックがありました。

このネックを解消し、肌への浸透力を高めたのがビタミンC誘導体です。

優れた美白作用で、できてしまったシミを薄くしていきます。

 

ビタミンC誘導体はメラニンの発生を阻害する働きもあるので、これからできるシミにも、できてしまったシミにも効果のある非常に優れた成分です。

ハイドロキノン

また、ハイドロキノンもメラニン色素を薄くする働きをします。

肌の漂白剤と呼ばれるほど効果があるのですが、刺激が強いので注意が必要です。

 

ハイドロキノンとビタミンCでシミを薄くする化粧品が出ています。

ダブルの効果で、シミをやっつけてくれそうですね。

 

↓ハイドロキノンとビタミンC美容液 ↓
http://pluskirei.com/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬