生理前 シミ

【シミを消す】シミを消したい私が薬と化粧品で薄くした方法

シミを消したい方、シミを消す方法がここに!化粧品、薬、効果のある方法で濃いシミも薄くします!

生理前にシミができやすい理由は?ホルモンが関係している?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

生理前になると、シミができやすいことをご存知ですか?

 

どうして生理前にはシミができやすいのでしょうか。

その理由を知っておきましょう。

 

生理前になるとシミができやすい理由は?

 

シミで悩む

 

生理前にシミができやすい最大の理由は「女性ホルモン」です。

 

女性は生理の周期に合わせて、ホルモンの量が変化します。

女性ホルモンは卵胞ホルモンと、黄体ホルモンの2つの種類があります。

排卵後から生理が始まるまでの約2週間は、黄体ホルモンの分泌量が増え、卵胞ホルモンの分泌量が減少します。

 

このホルモンは男性ホルモンと同じような働きをするため、皮脂の分泌が活発になります。

このためニキビができやすくなるのです。

ニキビのような肌トラブルによる炎症は、メラニン色素の生成を促します。

 

さらに黄体ホルモン自体にも、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトを活性化させる作用もあります。

このような理由でメラノサイトが普段よりも多くメラニン色素を作り出してしまうのです。

このメラニン色素がうまく体の外に排出されないと、肌に残って色素沈着を起こし、シミができる理由となります。

 

そして生理前にシミができやすい理由として、体がデリケートになっていることも挙げられます。

体調に変調をきたしやすく、精神的にも不安定になりますし、肌も敏感になっています。

このような理由から、化粧品などの刺激を受けやすくなっています。

 

そしてこれらのストレスによって活性酸素が作り出され、活性酸素から体を守るためにメラニン色素が作り出されるのです。

このようにいくつもの理由が重なって、生理前はシミができやすい体質になっています。

ふだん以上にシミ対策を行うことが大切です。

 

生理前に、シミ対策が必要な理由

対策

 

シミとホルモンバランスの関係は、密接に結びついています。

ですから生理前はいつも以上に万全のケアが大切です。

 

とくに紫外線対策には十分に気をつけましょう。

たとえ冬や雨の日であっても、生理前は紫外線を防止してシミの原因を作らないことが大切です。

 

日焼け止めクリームを塗る、紫外線をカットする成分が含まれているファンデーションを使うなど、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

 

それと同時に、肌のターンオーバー周期を整えて、メラニン色素を皮膚に溜め込まないことも大切です。

紫外線だけでなく黄体ホルモンや、活性酸素によってもメラニン色素が作られますから、睡眠をしっかりとるなど活性酸素を増やさないように注意しましょう。

 

生理前はイライラすることが多いのですが、この時期にシミが増えるとよけいにイライラしてしまいます。

生理前にシミができやすい理由をきちんと理解して、肌と体をいたわってあげましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬