乾燥肌 顔 シミ

シミを消したい!【私が試した化粧品と薬でシミを消す方法】

シミを消したい方、シミを消す方法がここに!化粧品、薬、効果のある方法で濃いシミも薄くします!

肌の乾燥はシミにつながる!その理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミの原因は紫外線ですが、そのシミが増えるのはお肌の乾燥が原因です。

 

シミが増える理由は乾燥肌?

乾燥肌

 

シミが増えるのは紫外線が原因です。

 

紫外線は皮膚がんなど体に有害なものです。

紫外線から体を守るために、肌に紫外線を浴びるとメラニン色素が発生して紫外線を吸収してガードします。

 

メラニン色素がシミが増える原因ですが、通常は肌のターンオーバーによって、角質とともに体の外に排出されます。

ですからターンオーバーできちんと体外に排出されていれば、シミが増えることはありません。

 

しかしターンオーバーの周期が乱れていたり、常に紫外線を浴びてメラニン色素が合成されていたりといった状態では、メラニン色素がうまく体の外へ排出されないため、体の中のメラニン色素の量が増えるため、シミも増えることになります。

 

そしてターンオーバーの期間を長引かせ、シミが増える原因となるのが、乾燥肌なのです。

 

ではなぜ、乾燥肌はシミを増やしてしまうのでしょうか?

 

シミが増える乾燥肌を改善しよう

 

乾燥肌を改善

 

乾燥肌は肌の表面の角質層を硬くしてしまいます。

固くなった角質層では、ターンオーバーがうまく行われないため、角質層にメラニンが溜まってしまうのです。

 

このため乾燥肌になると肌がくすみ、それが進行するとシミが発生します。

肌の表皮は一番底にある基底層、その上にある有棘層、その上にある顆粒層、そして最も表面にある角質層の4つの層に分かれています。

 

顔の表皮ターンオーバー周期は基底層~顆粒層までおよそ14日、角質層でおよそ14日で、28日程度でお肌にたまったメラニン色素などを排出してきれいな状態に戻します。

 

しかし乾燥肌になると角質層が固くなり、角質層でのターンオーバー周期が長くなってしまうのです。

 

また乾燥肌は敏感です。このため乾燥肌はほんのわずかな刺激に対しても、過敏に反応してしまいます。

乾燥肌の状態で紫外線を浴びると、過剰にメラニン色素を作り出してしまうのです。

 

これを繰り返すうちに、メラニン色素を作れという指令が過剰に発生するようになり、不必要なメラニン色素を増やす結果となります。

 

乾燥肌になるとシミが増えるのです。

 

つまり乾燥肌は、肌のターンオーバー周期を長くすることに加え、過剰にメラニン色素を発生させてしまうというデメリットがあります。

 

乾燥肌になると肌は回復するヒマがなく、老化が進むという悪循環を起こします。

シミを防ぐためには、乾燥肌を改善するのが最も効果的です。

 

基礎化粧品で乾燥肌を改善するためのスキンケアに加えて、乾燥肌に有効な漢方の力を借りるのもおすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬