シミの原因

【シミを消す】シミを消したい私がクリームと薬で薄くした方法

40過ぎてシミが濃くなりシミの消し方を探した。いろんなシミ取り法を試したけど効果なし。最近試した薬とクリームに効果がありシミも薄くなり消えた!濃いシミも我慢強く対策すれば綺麗に消えるシミの消し方、教えます。

顔のシミが出来る原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミを消したいと思うなら、シミができる原因や仕組みを知っておくことが大切です。これ以上シミを増やさないためにも、シミのメカニズムを知ることは有益なことです。

 

シミの主な原因は紫外線

紫外線

 

シミができる原因はいくつもありますが、その代表的な原因が紫外線です。シミはメラニンが過剰に発生し、それが皮膚に沈着して現れるものです。

 

メラニンは表皮の一番下にある、メラノサイトで生み出されます。紫外線は浴びすぎると皮膚がんになるなど、人間にとって有害なものです。このため表皮が紫外線の刺激を受けると、紫外線から体を守るために、メラノサイトでメラニンが生成されます。

 

このメラニンが紫外線をブロックする役割を果たします。メラニンは肌のターンオーバーに合わせて、表皮からはがれおちていきます。ですから、ターンオーバーが正常なら、シミはできません。

 

しかし大量に紫外線を浴びたり、ターンオーバー周期が長かったりすると、メラニンが体の外に排出されずに、肌にとどまってしまい、これがシミになるのです。

活性酸素もシミの原因になる

紫外線

また、活性酸素もシミの原因となります。活性酸素は体の中に入ってきた細菌をやっつけてくれますが、活性酸素が増えると体が酸化して、老化を早めてしまいます。このため体内に活性酸素が発生すると、これを取り除こうとしてメラニンが作り出されるのです。そして、このメラニンがうまく排出されないと、シミになってしまいます。

 

活性酸素は紫外線の刺激によっても発生しますが、これ以外にもさまざまな理由があります。よく知られているのが喫煙や飲酒によるもの。そしてストレスも、活性酸素を発生させる大きな原因です。

 

このほか睡眠不足や激しい運動、便秘、食品添加物、排気ガス、電磁波などによっても活性酸素が発生します。ですからシミを防ぐためには、禁煙をしてお酒の飲み過ぎを控える、便秘を改善する。しっかりと眠る。ストレスをためないなど、生活習慣を見直すことが大切です。

肌の炎症がシミの原因になることも

お肌の炎症も、シミの原因になります。日焼けによる炎症はもちろんですが、ニキビや湿疹、かぶれ、虫刺されなどで肌が炎症すると、炎症を治すために肌細胞の働きが活発になります。これに合わせてメラノサイトの働きも盛んになりますから、メラニンが生成されやすくなります。そしてこのメラニンが肌にとどまって、シミになるというわけです。

 

このようにシミの原因はいくつもありますが、メラニンを発生させても、ターンオーバーが正常ならシミができにくいことがわかります。ターンオーバーを正常に保つためには、規則正しい生活、バランスの取れた食事が大切です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬