シミを消す 洗顔方法

【シミを消す】シミを消したい私がクリームと薬で薄くした方法

40過ぎてシミが濃くなりシミの消し方を探した。いろんなシミ取り法を試したけど効果なし。最近試した薬とクリームに効果がありシミも薄くなり消えた!濃いシミも我慢強く対策すれば綺麗に消えるシミの消し方、教えます。

顔のシミを消すための効果的な洗顔方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミを消すための効果的な洗顔方法をご存じですか。シミを消す効果の高い基礎化粧品を使っていても、洗顔方法が間違っていたのでは、シミを消すことはできません。シミを消すための正しい洗顔方法をマスターしましょう。

 

間違った洗顔がシミになる!

紫外線だけでなく、肌が炎症を起こしてもメラニン色素が生成されて、シミの原因となってしまいます。シミを消すためには、肌の炎症を起こさないことが大切です。肌の炎症は目に見えないレベルで起こっていることが多く、その多くが洗顔による摩擦で発生する炎症です。

 

シミを消す正しい洗顔方法

正しい洗顔

 

では、シミを消す正しい洗顔方法とは、どのようなものなのでしょうか。それはホイップクリームのようなふわふわでキメの細かな泡を作り、手のひらではなく泡で顔を洗う洗顔方法です。ある程度の弾力がある泡になるまで、石鹸で泡を作りましょう。

 

弾力のある泡の作り方は、まず洗面器に大さじ2杯~3杯程度のぬるま湯を入れます。そこに石鹸をつけて数回回して、石けん分をぬるま湯にしっかりと溶かします。この後手でお湯をかき混ぜていくと、しっかりとした泡が作れます。

 

泡立て用のネットを使うのも、かんたんでおすすめです。まずネットを水で湿らせましょう。ネットで石鹸を何度かこすります。さらに手をネットにこすり合わせて泡を立てていきます。その後ちょっぴりの水を加え、さらに空気を入れながら泡立てていきましょう。これを何度か繰り返せばしっかりとした泡が完成します。

 

泡は手のひらに載せて逆さまにしても、落ちないくらいの硬さが理想的です。こうすることで泡だけで顔を洗うことができます。すすぎもしっかりと行いましょう。このときにも顔をこすらないように注意してください。最後にタオルで顔をふくときも、タオルを顔に押さえるような気持ちで当てて水分を吸い取らせましょう。決してタオルでゴシゴシこすらないでください。

 

この洗顔方法以外にも、古い角質を取ることで、シミを消す効果を高めることができます。このため角質を取るピーリング効果のある石鹸も販売されています。しかし使いすぎると、肌にダメージを与えるので逆効果です。またピーリングによって角質を剥がしたあとは、お肌は何の防御もない状態です。ここに紫外線が当たると、シミが増えてしまいます。ピーリング後はしっかりと保湿をして、紫外線対策も怠らないように注意しましょう。

 

いかがだったでしょうか。シミを消す洗顔方法を習慣にして、美白効果を高めましょう。洗顔方法に気を配ることは美肌につながります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬