シミ 消す 食べ物

シミを消したい!【私が試した化粧品と薬でシミを消す方法】

シミを消したい方、シミを消す方法がここに!化粧品、薬、効果のある方法で濃いシミも薄くします!

顔のシミを消す食べ物とシミを増やす食べ物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 10分

顔のシミって、食べ物で決まるって知ってましたか?

食べると顔のシミにつながる食材もあって恐怖!!!

逆に、食べると顔のシミを消してくれる食材もあります。

 

出来れば、シミが消えていく食べ物を毎日摂りたいものです。

シミになる食材を避け、シミを消す食材を摂り入れるようにしていきましょう!

 

顔のシミを消すには食べ物が大切

顔のシミを予防するには、肌に十分な栄養を与えるため、食べ物に気を配る必要があります。
スキンケアで外から栄養を与えるだけでなく、食べ物で体の内側からも肌に栄養を与えてあげましょう。

 

毎日の食べ物を改善すれば、シミを予防する効果、シミを消す効果が上がります。

食べ物で体の中からシミを消す

ビタミンたっぷり

ビタミンC(メラニンの生成を抑える)

シミ予防に必要な食べ物は、ビタミンCです。

 

ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える効果があるので、シミの予防には欠かせません。

さらにシミを薄くする働きもあり、できてしまったシミにも効果を発揮します。

 

ビタミンCには活性酸素の働きを抑える効果もあるので、活性酸素によるメラニン色素の生成も抑えてくれます。

ビタミンCは、まさに万能な美白栄養分なのです。

 

ビタミンCはレモンやオレンジ、キウイ、いちご、ブロッコリーなどに多く含まれています。

 

化粧品では、吸収率の高いビタミンC誘導体が有名ですね。

↓ビタミンC誘導体が10%も入った高濃度!

ビタミンE、リコピン(メラニン色素の生成を抑える)

ビタミンEリコピンも積極的にとりたい栄養素です。

 

ビタミンEもリコピンも、メラニン色素の生成を抑える効果があります。

ビタミンEやリコピンのような栄養素を単体で摂取してもそれなりの効果がありますが、ビタミンEとリコピンを同時に摂取すると、相乗作用でよりメラニン色素の生成を抑える効果が大きくなります。

 

ビタミンEはアーモンドやピーナツ、大豆、アボカド、鰻などに多く含まれています。

リコピンはトマトに多く含まれています。

 

新陳代謝を高め、抗酸化作用の高い食べ物でシミを消す

体内にできてしまったメラニン色素をそのままにしておくとシミになります。

出来てしまったメラニン色素をシミになる前に、体の外に出してしまえばシミを消す効果になります。

 

新陳代謝を高めて、早め早めにメラニンを体外に出してしまいましょう!

 

新陳代謝を高める食べ物を食べて、肌のターンオーバー周期を正常に戻しましょう。

ビタミンB2、L-システイン(新陳代謝を高める)

新陳代謝を高める栄養素にはビタミンB2L-システインがあります。

 

ビタミンB2はレバー、鰻、卵、牛乳、大豆などに多く含まれています。

このほかにも新陳代謝を活発にする香辛料を活用するのも効果的です。

トウガラシやショウガなど体を温めてくれるので、血行がよくなり新陳代謝が高まります。

アスタキサンチン(抗酸化作用が高い)

メラニン色素発生の原因となる活性酸素の働きを弱めるアスタキサンチンもおすすめです。

アスタキサンチンは、抗酸化作用も高い。

 

アスタキサンチンは、鮭やイクラなどに含まれています。

ポリフェノール(抗酸化作用が高い)

同様に抗酸化作用が高い、ポリフェノールも意識して摂りたい栄養分です。

 

そのなかでもエラグ酸と呼ばれる成分が抗酸化作用が特に高い!

ザクロやベリーに多く含まれています。

 

食べ物でシミを予防できる

シミ対策

 

このように見ていくと、さまざまな食べ物にシミを予防する効果(消す効果)があります。

 

偏った食事をせずに、なるべく色々な種類の食べ物を食べることで、シミを予防できるのです。

食べ物に気を配ると同時に、ホワイトニング効果の高い基礎化粧品でスキンケアをし、紫外線対策も忘れずに行うことで万全なシミ予防が実現します。

 

食べ物でシミが増える!?

前述したように、ビタミンCなどシミを消す嬉しい栄養素があります。

一方で、喜ばしくないことですが、シミが増える食べ物もあります。

 

シミが増える食べ物を食べていたのでは、一生懸命スキンケアをしてもシミを消す効果は期待できません。

シミ予防のためにも、食べ物には十分に気を配りましょう。

 

白砂糖はシミが増える食べ物

白砂糖
シミが増える食べ物として有名なのが、白砂糖です。

 

精製された白砂糖を食べすぎると、体内に活性酸素が発生します。

活性酸素はメラニン色素を生み出しますから、シミの原因になります。

 

それだけではありません!

 

白砂糖を摂ると、リポフスチンという色素も作り出されるのです。

リポフスチンは老化色素とも呼ばれており、老人性のシミの原因となるものです。

 

ですから砂糖のとりすぎには十分に注意しましょう。

そして砂糖を使うなら未精製のものや黒砂糖を使うことをおすすめします。

 

カフェインもシミが増える食べ物

カフェイン
シミを増やしたくないなら、カフェインも避けたほうがいい飲み物です。

 

カフェインを取り続けていると、ターンオーバー周期が長くなり、メラニン色素が体の外に排出されにくくなります。

これによってシミが増えてしまいます。

 

また寝る前にカフェインを取ると、睡眠が浅く熟睡を妨げられます。

睡眠不足は活性酸素を発生させますから、シミの原因になるのです。

 

コーヒーや紅茶、緑茶の飲み過ぎには気をつけましょう。

ただ、緑茶に含まれる緑茶カテキンには優れた抗酸化作用があるので、シミの予防にいいという説もあります。

 

飲み過ぎにさえ気をつければ、それほど神経質になる必要はありません。

 

シミが増える保存料


保存料などの添加物もシミが出来るのでNGです。

 

これらの保存料にはリンが含まれています。

保存料を多量に摂取すると、肝臓がそれを分解しようとするので肝臓に大きな負担がかかり、このときに大量の活性酸素が生み出されます。

 

これによってメラニン色素も過剰に作り出され、それがシミの原因となるからです。

このほかにも肝臓に負担をかけるアルコールもシミが出来るので、あまりおすすめしません。

 

シミが増える食べ物、シミを消す食べ物

美白のためにはシミが増える食べ物を極力避けて下さい。

 

シミが増える食べ物は、すべて体に負担をかけるものばかりです。

体へのストレスとなって、それが活性酸素を発生させてしまうからです。

 

シミが増える食べ物はシミを増やすだけでなく、肌や体の老化を早めてしまいます。

 

シミを予防する為には、シミが増える食べ物を食べないようにしましょう。

そして、抗酸化作用の高い食べ物や、ビタミンCなどの美白効果の高い成分が含まれた食べ物を積極的に食べて、シミが出来ないような体になりましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬