シミを消す

【シミを消す】シミを消したい私がクリームと薬で薄くした方法

40過ぎてシミが濃くなりシミの消し方を探した。いろんなシミ取り法を試したけど効果なし。最近試した薬とクリームに効果がありシミも薄くなり消えた!濃いシミも我慢強く対策すれば綺麗に消えるシミの消し方、教えます。

シミやそばかす、小ジワはなぜ出来る?原因はなに?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

お肌の大敵であるシミやそばかす、小ジワの原因は何なのでしょうか。美肌を維持するためにも、シミやそばかす、小ジワが出来る原因を理解しておきましょう。

 

シミやそばかすの原因は?

シミとそばかす

 

気になるお肌の悩みといえば、シミやそばかすです。シミやそばかすができる原因はさまざまですが、代表的なものが紫外線です。

 

肌に紫外線が当たると、紫外線をやっつけるために肌にあるメラノサイトと呼ばれる細胞が、メラニンを作り出します。メラニンが紫外線を吸収してガードしますが、通常メラニンは肌のターンオーバーに合わせて、角質とともに剝がれ落ちていきます。

 

ですからメラニンが即シミやそばかすになるわけではありません。しかし紫外線を浴び続けると、メラニン色素もそれに合わせてたくさん作り出されます。メラニン色素が大量に作られると、ターンオーバーで一度に排出できずに肌にメラニン色素が蓄積され、シミやそばかすの原因になるのです。

 

さらに肌トラブルや栄養不足、加齢などもシミやそばかすの原因になります。肌トラブルなどが原因でターンオーバー周期が長くなると、メラニン色素が長期間肌にとどまりますから、色素沈着を起こしてシミやそばかすを増やすからです。

 

小ジワの原因は?

小じわ

 

では小ジワの原因はどのようなものでしょうか。小ジワの原因は、肌の乾燥です。皮膚は最も表面にある表皮、その奥にある真皮、最も奥にある皮下組織から構成されています。

 

健康な肌は、表皮にある角質細胞が膜となって肌を守っています。しかし肌が乾燥すると角質細胞が破壊されて、これが小ジワの原因となります。何のケアもせずに放っておくと、小ジワが真皮にまで達して、深いシワになって肌に刻み込まれます。

 

角質細胞は角質細胞間脂質と、天然保湿因子、皮脂膜の3つの成分によって乾燥を防いでいます。角質細胞間脂質はセラミドなどからできており、角質細胞を覆って、乾燥やトラブルから守ります。

 

天然保湿因子も保湿に関して重要な役割を担っています。しかし紫外線やストレスが原因で、機能しにくくなるので注意が必要です。

 

皮脂膜は皮脂と汗が混ざったもので、肌を守りますが、保湿機能はそれほど高くありません。

紫外線やストレスなど、何らかの原因でこれらの成分が機能しなくなると、肌が乾燥して小ジワを作ります。

 

肌の乾燥は小ジワの原因になるだけでなく、ターンオーバー周期を乱します。ターンオーバーがうまく行われないとメラニン色素が排出されず、シミやそばかすを増やしてしまいます。シミやそばかす、小ジワを防ぐためには保湿がとても重要です。シミやそばかす、小ジワのない美肌を保つためには、紫外線対策と肌の潤いを心がけましょう。

肌の乾燥はシミにつながる!その理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミの原因は紫外線ですが、そのシミが増えるのはお肌の乾燥が原因です。

 

シミが増える理由は乾燥肌?

乾燥肌

 

シミが増えるのは紫外線が原因です。紫外線は皮膚がんなど体に有害なものです。紫外線から体を守るために、肌に紫外線を浴びるとメラニン色素が発生して紫外線を吸収してガードします。

 

メラニン色素がシミが増える原因ですが、通常は肌のターンオーバーによって、角質とともに体の外に排出されます。ですからターンオーバーできちんと体外に排出されていれば、シミが増えることはありません。

 

しかしターンオーバーの周期が乱れていたり、常に紫外線を浴びてメラニン色素が合成されていたりといった状態では、メラニン色素がうまく体の外へ排出されないため、体の中のメラニン色素の量が増えるため、シミも増えることになります。

 

そしてターンオーバーの期間を長引かせ、シミが増える原因となるのが、乾燥肌なのです。ではなぜ、乾燥肌はシミを増やしてしまうのでしょうか?

 

シミが増える乾燥肌を改善しよう

乾燥肌を改善

 

まず、乾燥肌は肌の表面の角質層を硬くしてしまいます。固くなった角質層では、ターンオーバーがうまく行われないため、角質層にメラニンが溜まってしまうのです。

 

このため乾燥肌になると肌がくすみ、それが進行するとシミが発生します。肌の表皮は一番底にある基底層、その上にある有棘層、その上にある顆粒層、そして最も表面にある角質層の4つの層に分かれています。

 

顔の表皮ターンオーバー周期は基底層~顆粒層までおよそ14日、角質層でおよそ14日で、28日程度でお肌にたまったメラニン色素などを排出してきれいな状態に戻します。しかし乾燥肌になると角質層が固くなり、角質層でのターンオーバー周期が長くなってしまうのです。

 

また乾燥肌は敏感です。このため乾燥肌はほんのわずかな刺激に対しても、過敏に反応してしまいます。乾燥肌の状態で紫外線を浴びると、過剰にメラニン色素を作り出してしまうのです。これを繰り返すうちに、メラニン色素を作れという指令が過剰に発生するようになり、不必要なメラニン色素を増やす結果となります。ですから乾燥肌になるとシミが増えるのです。

 

つまり乾燥肌は、肌のターンオーバー周期を長くすることに加え、過剰にメラニン色素を発生させてしまうというデメリットがあります。ですから乾燥肌になると肌は回復するヒマがなく、老化が進むという悪循環を起こします。シミを防ぐためには、乾燥肌を改善するのが最も効果的です。基礎化粧品で乾燥肌を改善するためのスキンケアに加えて、乾燥肌に有効な漢方の力を借りるのもおすすめです。

シミが出来るメカニズム!こうしてシミが作られる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミができるメカニズム

シミが出来る
見た目年齢を高くするシミ。シミは肌の老化が原因と考えていませんか?シミの原因は老化ではなく、紫外線によるものです。

 

表皮は一番表面にある表皮細胞(ケラチノサイト)と、最も底にある色素細胞(メラノサイト)などから構成されており、0.1~0.3ミリの表皮は角質層・顆粒層・有棘層・基底層の4層に分かれています。そして一番下にある基底層にあるメラノサイトが、シミの原因となるメラニン色素を作っています。

 

ケラチノサイトの中にある核に紫外線が当たると、核の中にある遺伝子が傷つけられたり、破壊されたりします。これによって皮膚がんが起こるなど、体に大きなダメージが残ります。そこで紫外線から体を守るために、表皮の最も下の基底層にあるメラノサイトと呼ばれる色素細胞がメラニン色素を発生させ、それを表皮細胞に運んで表皮細胞を覆い、紫外線を吸収し、真皮層まで届かないようにします。

 

メラニンが発生するまでのメカニズムは、次のようなものです。ケラチノサイトが紫外線の刺激をうけると、メラノサイトにメラニン色素を作ってほしいというサインとなる情報伝達物質を作ります。この情報伝達物質がメラノサイトの働きを活発にさせます。

 

メラノサイトは、チロシンと呼ばれるアミノ酸を元に、酵素を使ってメラニンを合成します。このようにして作り出されたメラニンがケラチノサイトへと送られるのです。

 

メラニンはシミの原因となる悪者ではありますが、その反面、有害な紫外線から私達を守ってくれる重要な役割を担っているのです。

 

ターンオーバーが遅くなるとシミになる

シミになる

 

メラニンは通常、皮膚のターンオーバーによって体の外へと排出されます。しかし紫外線を浴び続けると、メラノサイトはメラニンを作り続けてしまいます。あまりにも多く発生したメラニンは、ターンオーバーでは全てを排出することができず、肌の中にメラニンが留まってしまいます。

 

そして紫外線はターンオーバーの周期も乱してしまうのです。通常は28日周期でターンオーバーが行われますが、ターンオーバー周期が長くなり、メラニン色素が肌にとどまることになります。こうして色素が沈着を起こし、シミになるのです。

 

シミを作らないためには紫外線を浴びないことが大切ですが、それと同時に新陳代謝を高めターンオーバー周期を正常に戻して、シミの原因になるメラニン色素を体外にきちんと排出することも重要です。

 

ターンオーバー周期は肌の部位によって異なりますが、顔のターンオーバーは28日前後です。このターンオーバー周期を長引かせないことが大切です。

生理前にシミができやすい理由は?ホルモンが関係している?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

生理前になると、シミができやすいことをご存知ですか?どうして生理前にはシミができやすいのでしょうか。その理由を知っておきましょう。

 

生理前になるとシミができやすい理由は?

シミで悩む

 

生理前にシミができやすい最大の理由は「女性ホルモン」です。女性は生理の周期に合わせて、ホルモンの量が変化します。女性ホルモンは卵胞ホルモンと、黄体ホルモンの2つの種類があります。排卵後から生理が始まるまでの約2週間は、黄体ホルモンの分泌量が増え、卵胞ホルモンの分泌量が減少します。

 

このホルモンは男性ホルモンと同じような働きをするため、皮脂の分泌が活発になります。このためニキビができやすくなるのです。ニキビのような肌トラブルによる炎症は、メラニン色素の生成を促します。さらに黄体ホルモン自体にも、メラニン色素を作る細胞であるメラノサイトを活性化させる作用もあります。このような理由でメラノサイトが普段よりも多くメラニン色素を作り出してしまうのです。このメラニン色素がうまく体の外に排出されないと、肌に残って色素沈着を起こし、シミができる理由となります。

 

そして生理前にシミができやすい理由として、体がデリケートになっていることも挙げられます。体調に変調をきたしやすく、精神的にも不安定になりますし、肌も敏感になっています。このような理由から、化粧品などの刺激を受けやすくなっています。

 

そしてこれらのストレスによって活性酸素が作り出され、活性酸素から体を守るためにメラニン色素が作り出されるのです。このようにいくつもの理由が重なって、生理前はシミができやすい体質になっています。ふだん以上にシミ対策を行うことが大切です。

 

生理前に、シミ対策が必要な理由

対策

 

シミとホルモンバランスの関係は、密接に結びついています。ですからいつも以上に万全のケアが大切です。とくに紫外線対策には十分に気をつけましょう。たとえ冬や雨の日であっても、生理前は紫外線を防止してシミの原因を作らないことが大切です。日焼け止めクリームを塗る、紫外線をカットする成分が含まれているファンデーションを使うなど、紫外線対策を怠らないようにしましょう。

 

それと同時に、肌のターンオーバー周期を整えて、メラニン色素を皮膚に溜め込まないことも大切です。紫外線だけでなく黄体ホルモンや、活性酸素によってもメラニン色素が作られますから、睡眠をしっかりとるなど活性酸素を増やさないように注意しましょう。

 

生理前はイライラすることが多いのですが、この時期にシミが増えるとよけいにイライラしてしまいます。生理前にシミができやすい理由をきちんと理解して、肌と体をいたわってあげましょう。

顔のシミが出来る原因は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミを消したいと思うなら、シミができる原因や仕組みを知っておくことが大切です。これ以上シミを増やさないためにも、シミのメカニズムを知ることは有益なことです。

 

シミの主な原因は紫外線

紫外線

 

シミができる原因はいくつもありますが、その代表的な原因が紫外線です。シミはメラニンが過剰に発生し、それが皮膚に沈着して現れるものです。

 

メラニンは表皮の一番下にある、メラノサイトで生み出されます。紫外線は浴びすぎると皮膚がんになるなど、人間にとって有害なものです。このため表皮が紫外線の刺激を受けると、紫外線から体を守るために、メラノサイトでメラニンが生成されます。

 

このメラニンが紫外線をブロックする役割を果たします。メラニンは肌のターンオーバーに合わせて、表皮からはがれおちていきます。ですから、ターンオーバーが正常なら、シミはできません。

 

しかし大量に紫外線を浴びたり、ターンオーバー周期が長かったりすると、メラニンが体の外に排出されずに、肌にとどまってしまい、これがシミになるのです。

活性酸素もシミの原因になる

紫外線

また、活性酸素もシミの原因となります。活性酸素は体の中に入ってきた細菌をやっつけてくれますが、活性酸素が増えると体が酸化して、老化を早めてしまいます。このため体内に活性酸素が発生すると、これを取り除こうとしてメラニンが作り出されるのです。そして、このメラニンがうまく排出されないと、シミになってしまいます。

 

活性酸素は紫外線の刺激によっても発生しますが、これ以外にもさまざまな理由があります。よく知られているのが喫煙や飲酒によるもの。そしてストレスも、活性酸素を発生させる大きな原因です。

 

このほか睡眠不足や激しい運動、便秘、食品添加物、排気ガス、電磁波などによっても活性酸素が発生します。ですからシミを防ぐためには、禁煙をしてお酒の飲み過ぎを控える、便秘を改善する。しっかりと眠る。ストレスをためないなど、生活習慣を見直すことが大切です。

肌の炎症がシミの原因になることも

お肌の炎症も、シミの原因になります。日焼けによる炎症はもちろんですが、ニキビや湿疹、かぶれ、虫刺されなどで肌が炎症すると、炎症を治すために肌細胞の働きが活発になります。これに合わせてメラノサイトの働きも盛んになりますから、メラニンが生成されやすくなります。そしてこのメラニンが肌にとどまって、シミになるというわけです。

 

このようにシミの原因はいくつもありますが、メラニンを発生させても、ターンオーバーが正常ならシミができにくいことがわかります。ターンオーバーを正常に保つためには、規則正しい生活、バランスの取れた食事が大切です。

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬