シミを消す

【シミを消す】シミを消したい私がクリームと薬で薄くした方法

40過ぎてシミが濃くなりシミの消し方を探した。いろんなシミ取り法を試したけど効果なし。最近試した薬とクリームに効果がありシミも薄くなり消えた!濃いシミも我慢強く対策すれば綺麗に消えるシミの消し方、教えます。

顔のシミを作らない為に、食べてはいけない食べ物

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

ビタミンCなどのように、シミを防ぐ栄養素もあれば、シミが出来る食べ物もあります。シミが出来る食べ物を食べていたのでは、一生懸命スキンケアをしても効果が期待できません。シミ予防のためにも、食べ物には十分に気を配りましょう。

 

白砂糖はシミが出来る食べ物

白砂糖
シミが出来る食べ物として有名なのが、白砂糖です。精製された白砂糖を食べすぎると、体内に活性酸素が発生します。活性酸素はメラニン色素を生み出しますから、シミの原因になります。

 

それだけではありません。リポフスチンという色素も作り出されるのです。リポフスチンは老化色素とも呼ばれており、老人性のシミの原因となるものです。ですから砂糖のとりすぎには十分に注意しましょう。そして砂糖を使うなら未精製のものや黒砂糖を使うことをおすすめします。

 

カフェインもシミが出来る食べ物

カフェイン
シミを増やしたくないなら、カフェインも避けたほうがいい飲み物です。カフェインを取り続けていると、ターンオーバー周期が長くなり、メラニン色素が体の外に排出されにくくなります。これによってシミが増えてしまいます。

 

また寝る前にカフェインを取ると、熟睡を妨げます。睡眠不足は活性酸素を発生させますから、シミの原因になるのです。コーヒーや紅茶、緑茶の飲み過ぎには気をつけましょう。ただ、緑茶に含まれる緑茶カテキンには優れた抗酸化作用があるので、シミの予防にいいという説もあります。飲み過ぎにさえ気をつければ、それほど神経質になる必要はありません。

 

保存料


保存料などの添加物もシミが出来るのでNGです。これらの保存料にはリンが含まれています。保存料を多量に摂取すると、肝臓がそれを分解しようとするので肝臓に大きな負担がかかり、このときに大量の活性酸素が生み出されます。これによってメラニン色素も過剰に作り出され、それがシミの原因となるからです。このほかにも肝臓に負担をかけるアルコールもシミが出来るので、あまりおすすめしません。

 

美白のためにはシミが出来る食べ物を極力避けることが大切です。シミが出来る食べ物は、すべて体に負担をかけるものばかりです。体へのストレスとなって、それが活性酸素を発生させてしまうからです。こそのような食べ物はシミだけでなく、肌や体の老化を早めてしまいます。これらのシミが出来る食べ物を食べないようにするだけでなく、抗酸化作用の高い食べ物や、ビタミンCなどの美白効果の高い成分が含まれた食べ物を積極的に食べることも大切です。

顔のシミを予防する為の食べ物、成分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミを予防するためには、肌に十分な栄養を与えるために食べ物に気を配ることが大切です。スキンケアで外から栄養を与えるだけでなく、食べ物で体の内側からも肌に栄養を与えてあげましょう。毎日の食べ物を改善すれば、シミを予防する効果が上がります。

 

食べ物で体の中からシミ予防

ビタミンたっぷり

ビタミンC

シミ予防に必要な食べ物として必ずあげられるのが、ビタミンCです。ビタミンCはメラニン色素の生成を抑える効果があるので、シミの予防には欠かせません。さらにシミを薄くする働きもあり、できてしまったシミにも効果を発揮します。活性酸素の働きを抑える効果もあるので、活性酸素によるメラニン色素の生成も抑えてくれます。まさに万能な美白栄養分なのです。ビタミンCはレモンやオレンジ、キウイ、いちご、ブロッコリーなどに多く含まれています。

ビタミンE、リコピン

ビタミンEとリコピンも積極的にとりたい栄養素です。ビタミンEもリコピンも、メラニン色素の生成を抑える効果があります。これらの栄養素を単体でとってもそれなりの効果がありますが、ビタミンEとリコピンを同時に摂取すると、相乗作用でより大きな効果が得られます。ビタミンEはアーモンドやピーナツ、大豆、アボカド、鰻などに多く含まれています。リコピンはトマトに多く含まれています。

 

新陳代謝を高め、抗酸化作用高い食べ物でシミ予防

体内にできてしまったメラニン色素がシミにならないうちに、体の外に出してしまうこともシミの予防になります。新陳代謝を高める食べ物を食べて、肌のターンオーバー周期を正常に戻しましょう。

ビタミンB2、L-システイン

新陳代謝を高める栄養素にはビタミンB2やL-システインがあります。ビタミンB2はレバー、鰻、卵、牛乳、大豆などに多く含まれています。このほかにも新陳代謝を活発にする香辛料を活用するのも効果的です。トウガラシやショウガなど体を温めてくれるので、血行がよくなり新陳代謝が高まります。

アスタキサンチン

また抗酸化作用が高く、メラニン色素発生の原因となる活性酸素の働きを弱めるアスタキサンチンもおすすめです。鮭やイクラなどに含まれています。

ポリフェノール

同様に抗酸化作用が高い、ポリフェノールも意識して摂りたい栄養分です。そのなかでもエラグ酸と呼ばれる成分が抗酸化作用が高いことで知られています。ザクロやベリーに多く含まれています。

 

食べ物でシミを予防できる

シミ対策

 

このように見ていくと、さまざまな食べ物にシミを予防する効果があることがわかります。偏った食事をせずに、なるべく色々な種類の食べ物を食べることで、シミを予防できます。食べ物に気を配ると同時に、ホワイトニング効果の高い基礎化粧品でスキンケアをし、紫外線対策も忘れずに行うことで万全な予防が実現します。

顔のシミを予防する対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミは美肌の大敵です。シミを予防するための対策を万全に行って、透明な美肌を保つためには、どのようなことに気をつければいいのでしょうか。

 

シミの予防には紫外線対策が必須

日焼け対策
シミの予防対策で重要なのが紫外線を防ぐことです。徹底的な紫外線対策が、シミの予防には欠かせません。紫外線を受けると肌のメラノサイトという細胞がメラニン色素を作り出して、紫外線によるダメージから守ろうとします。このメラニン色素が肌に沈着してしまうと、シミとなって表面に現れます。このような状態を予防するために、紫外線を浴びないことが大切です。

 

紫外線は冬や雨の日でも地面に届いています。紫外線の量が多い春先や夏はもちろんのこと、冬だからといって油断しないようにしましょう。日焼け止めクリームやUVカット効果のあるファンデーションを使い、日傘や帽子を使う、長袖の服を着るなどしてしっかりと紫外線対策を行い、シミを予防しましょう。

 

シミの予防は紫外線対策以外の対策も必要

日焼け止めクリーム

 

刺激がシミの原因になる

シミの原因は紫外線だけではありません。肌の炎症や体内の活性酸素が増えても、メラニン色素が作り出されてシミの原因となります。肌の炎症はニキビやキズ、摩擦などによって起こります。シミを予防するために、洗顔などで肌を摩擦しないように注意してください。また肌が乾燥していると、肌が敏感になりシミができやすくなります。肌を乾燥させないこともシミを予防するための重要な対策の1つです。

活性酸素がシミの原因になる

そして、体の中の活性酸素が増やさないようにすることもシミ予防には欠かせません。睡眠不足やストレスは活性酸素を増やしますから、十分な睡眠をとって、ストレスを発散させるために適度な運動を行いましょう。運動は血行をよくして新陳代謝を高めるので、肌のターンオーバー周期を整えることにもつながります。

タバコやお酒も控えましょう

メラニン色素をシミに変えないためには、肌の新陳代謝を高めて、メラニン色素をなるべく早く体の外へ出してしまうことが大切です。またタバコも活性酸素を増やします。喫煙習慣がある人は禁煙をおすすめします。お酒の飲み過ぎにも注意しましょう。

シミの予防に栄養を!

食事にも気を配りましょう。栄養バランスの取れた食事が理想的ですが、美白効果の高い栄養分であるビタミンC、ビタミンA、ビタミンEを積極的にとるようにするのも大切なシミ対策となります。

 

ホワイトニング効果の基礎化粧でシミ対策を

これらの対策を行ったうえで、ホワイトニング効果の高い基礎化粧品で毎日のケアを行ってください。シミは今は表面に現れていなくても、肌にとどまってシミとなって現れるのを待っているシミ予備軍もたくさんあります。なるべく早めのケアが大切です。

シミとそばかすの違いは?シミとそばかすの予防や対策方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミとそばかす、どちらも同じようにみえますが、シミとそばかすはどう違うのでしょうか?また、シミ対策とそばかす対策はどのようにすれば効果的なのでしょうか?

 

シミとそばかすの違いは?

シミとそばかす
シミには色々な種類がありますが、紫外線を受けたり、肌の炎症が起こったりしてメラニン色素が発生し、それが体の外にうまく排出されずにお肌に残り、色素沈着を起こして発生するケースがほとんどです。つまり、何らかの刺激に肌の細胞が反応して、メラニン色素を作り出すことによってシミが発生します。

 

一方、そばかすは遺伝によるケースが多く、子どもの頃から発生するのが一般的です。しかし、そばかすもメラニンによって発生するのでシミの発生と根本は同じです。そのため、紫外線を浴びるとそばかすが濃くなることが多いのです。

 

シミとそばかすには紫外線対策を

日焼けを防ぐ

 

そばかすは遺伝性のものであるため、自己流のスキンケアなどではそばかすを薄くするのは難しく、そばかすを消すためには皮膚科や美容外科クリニックなどで治療を受ける必要があります。しかし、今よりもそばかすを濃くしないためのセルフケアを行うことは可能です。また年齢を重ねていくと、そばかすが薄くなるケースもあります。

 

シミもそばかすも紫外線によって濃くなったり増えたりするので、シミ対策とそばかす対策はどちらも、紫外線対策を徹底的に行うことが大切です。シミを増やさないためにも、そばかすを今以上濃くしないためにも、万全の紫外線対策を行いましょう。紫外線はシミの最も大きな原因の1つです。日焼け止めクリームを塗る、日傘や帽子で紫外線をブロックするなど紫外線を浴びないよう対策をとってください。

 

シミとそばかす予防には肌の刺激を減らす

洗顔時にごしごしと顔をこするなど、お肌を刺激しないようにすることも大切です。肌を刺激すると炎症を起こします。そうすると炎症を起こした肌を守ろうとして、メラニン色素が作り出されるからです。ニキビなどの肌トラブルもメラニン色素を作り出す原因になるので、毎日のスキンケアも大切です。肌トラブルを防ぐためには、肌を乾燥させないことです。そしてホワイトニング効果の高い基礎化粧品で、美白する習慣をつけましょう。

 

シミとそばかすに美白効果の食べ物を

美白効果の高い栄養素を積極的に取ることも、シミ、そばかす対策になります。美白効果の高い栄養素として知られているのが、ビタミンCです。ビタミンCには、シミを薄くする働きがあります。同時にメラニン色素を作り出すのを阻害しますから、新たなシミを作りにくくしてくれます。柑橘類やいちご、キャベツ、ブロッコリーなどに多く含まれています。

 

このような毎日のちょっとした習慣を続けることが、シミやそばかす対策には何よりも効果的です。

顔のシミは日焼け止めクリームだけで防げるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミ対策に欠かせないのが、紫外線をブロックしてくれる日焼け止めです。では日焼け止めさえ塗っていれば、シミ対策になるのでしょうか?

 

紫外線対策に日焼け止めクリームはマストアイテム

日焼け止めクリーム

 

肌にとって紫外線は大敵です。透明感のある美しい素肌を保つためには、日焼け止めクリームで紫外線をブロックする必要があります。肌は紫外線を浴びると、メラニン色素を作り出して紫外線を吸収し、有害な紫外線から体を守ろうとします。ですから外出時に紫外線をブロックする日焼け止めクリームを塗るのは、とても重要な紫外線対策です。

 

日焼け止めクリームは汗で流れやすいので、こまめに塗り直すことも大切です。また日焼け止めクリームのほかに、日焼け止め効果の高い成分が配合されているファンデーションを使うのもおすすめです。このほか長袖を着る、帽子を着用する、日傘を使うなどの日焼け止め対策を行いましょう。

 

シミ予防は紫外線対策だけでは不十分

日焼け

 

紫外線はシミをつくる最大の原因の1つです。日焼け止めによる紫外線対策は欠かせませんが、それ以外にもメラニン色素を作り出す原因はあります。それは体内で発生する活性酸素です。活性酸素は体の中に入ってくるウイルスなどをやっつけてくれますが、過剰に発生すると体が酸化して老化を早めることで知られています。

 

このため活性酸素の働きを阻害するために、メラニン色素が生成されるのです。ですから一切紫外線を浴びなかったとしても、シミができるリスクは常にあります。活性酸素はタバコを吸う、お酒を飲み過ぎる、大気汚染、ストレス、睡眠不足などによって過剰に発生します。

 

シミ対策では紫外線をブロックするだけでなく、禁煙する、お酒を飲みすぎない、ストレスをうまく発散する、睡眠を十分にとるなど、規則正しい生活を続けることも大切です。

 

ただ、メラニン色素は肌の新陳代謝によって、角質とともに肌から剝がれ落ちていくので、すべてがシミになるわけではありません。しかし肌の新陳代謝が衰えてターンオーバーの周期が長くなると、メラニン色素がいつまでも肌に残り、これが色素沈着を起こしてシミになってしまいます。このため紫外線対策と活性酸素対策を取るだけでなく、肌の新陳代謝を高めてターンオーバー周期を整えることもシミ対策には欠かせません。

 

ターンオーバー周期を整えるための対策では、運動をして新陳代謝を高める、顔のマッサージをして顔の血行を良くするなど、普段の生活に気を配ることが大切です。また肌の乾燥もターンオーバー周期を長引かせますから、たっぷりと保湿することも重要です。シミ対策は日焼け止めクリームだけでは十分ではありません。

日焼け後、顔にシミを作らない対策について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

海水浴や夏のお出かけなどで、日焼けをしてしまったら、日焼け後にシミを予防するケアを行うことが何よりも大切です。日焼け後のケアを怠ると、それが原因でシミになりやすいので、いつも以上に丁寧にケアをしましょう。

 

日焼け後のシミを予防する方法

日焼け

 

日焼けは火傷と同じ状態です。ですから日焼け後はしっかりと冷やして、体のほてりを取ることがシミ予防の第一歩となります。たとえ赤くなるなど皮膚が炎症を起こしていなくても、冷たいシャワーを浴びるなどして、肌を冷やしましょう。ヒリヒリと痛む、水ぶくれがあるなどの症状があれば、皮膚科でみてもらってください。自己流の対処では体にダメージが残りますし、シミを予防できません。

 

肌を冷やしたら、しっかりと保湿することもシミの予防のためには重要です。日焼け後の肌は、とても乾燥しています。まずは化粧水をたっぷりと付けて水分を補い、その後は乳液やクリームで乾燥を防いでください。化粧水がしみる場合は、ヴァセリンなどの軟膏を塗ってケアしましょう。

 

日焼け後の肌はとても無防備な状態になっています。化粧水などを塗るときは、手のひらでやさしく肌をこすらないように注意してください。そして体の内側からも水分補給をしてください。日焼け後は意識して水を飲んで体を内側から潤して、シミを予防しましょう。

 

日焼け後の体は、自分が思っている以上にダメージを受けています。夜は早めに寝て、たっぷりと睡眠をとってください。体へのダメージが活性酸素を増やしてシミの原因になります。シミを予防するためにも十分な睡眠を取ることが大切です。

 

日焼け後のシミ予防には食事も大切

シミ対策にレモン

 

日焼け後のダメージから少しでも回復し、シミを予防するためには肌や体に栄養を補給することも重要です。日焼け後は、特にバランスのとれた食事を心がけることが、シミの予防につながります。特にビタミン、亜鉛、タンパク質を補給すると効果的です。

 

美白効果の高いビタミンCは必ず取りましょう。ミカンやレモンなどの柑橘類や、ピーマン、ブロッコリーなどに多く含まれています。そしてビタミンCは亜鉛といっしょに取ると、吸収されやすく効果が高まります。亜鉛は納豆やしじみ、牡蠣、牛肉などに含まれています。

 

同時にタンパク質も取ってください。肉や魚、卵、大豆なども積極的に食べましょう。

 

日焼け後のシミ予防に紫外線対策

日焼けの後は日に焼けないように、紫外線対策を行うことも大切な予防法です。日焼けしている肌に、さらに紫外線を当てると、刺激が強く肌ダメージを高めてシミの原因になります。外出時は長袖の上着を着るなど、肌の露出をなるべく少なくして、帽子をかぶるなどしてしっかりと日焼け対策を行ってください。

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬