シミを消す

【シミを消す】シミを消したい私がクリームと薬で薄くした方法

40過ぎてシミが濃くなりシミの消し方を探した。いろんなシミ取り法を試したけど効果なし。最近試した薬とクリームに効果がありシミも薄くなり消えた!濃いシミも我慢強く対策すれば綺麗に消えるシミの消し方、教えます。

顔のシミができるメカニズム。どのようにシミが進行する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

年を重ねるに連れて増えてくるシミ。どのようなメカニズムでシミが発生するのでしょうか。その原因とメカニズムについて知っておくことが、効果的なシミ対策につながります。

 

シミが発生する原因とメカニズム


シミを消す

 

シミには種類があり、種類ごとに原因は異なりますが、一般的なシミの原因は紫外線です。ではどのようなメカニズムで紫外線からシミができるの?でしょうか。

 

紫外線は肌表面から、肌の奥へと入って細胞内のDNAを破壊します。その結果、肌が老化したり、DNAに異常が起こって皮膚がんになったりするなど、体に悪影響をおよぼします。そこで紫外線から肌を守るために、肌の表皮にあるメラノサイトという細胞が、メラニン色素を作り出します。

 

メラニン色素が作り出されるメカニズムは次のとおりです。まず皮膚に紫外線が当たると、メラノサイトという細胞にそのことを伝達する情報物質が作られます。メラノサイトはこの情報物質を受け取ると、メラノサイトの働きが活発になったメラニン色素を作り出そうとします。

 

メラニン色素はメラノサイトのなかにあるチロシンというアミノ酸に、チロシナーゼと呼ばれる酵素が関与して、生成されます。こうしてメラノサイトで作り出されたメラニン色素が周囲の細胞へと届けられ、紫外線を吸収して紫外線の働きを無効化させるのです。

 

このようなメカニズムでメラニン色素が作られますが、肌のターンオーバーによって体の外に剝がれ落ちるので必ずしもシミになるとは限りません。

 

しかしメラニン色素が大量に作られたり、常時紫外線の刺激を受け続けたりすると、メラニン色素の排出が追いつかなくなって、肌の中に長期間にわたって留まってしまいます。そしてこれが色素沈着してシミへと変化するのです。このようなメカニズムで紫外線からシミが発生します。

 

活性酸素もシミの原因に

シミ減らす

 

活性酸素もシミの原因になります。活性酸素が体内で作り出されたときも、メラノサイトがメラニンを作り出して体を守ろうとするからです。活性酸素は紫外線を浴びたときにも発生しますが、それ以外にも喫煙や飲み過ぎ、ストレス、睡眠不足など不規則な生活習慣によっても発生します。

 

たとえ紫外線を浴びなくても、タバコを吸っていたり、大きなストレスを抱えたりしていたら、それがシミの原因となるメカニズムです。

 

シミの対策まとめ

シミの主な原因とメカニズムは紫外線や活性酸素などの刺激によってメラニン色素が作り出されることです。そのなかでも最も大切なのが、肌のターンオーバーを正常にして、メラニン色素を少しでも早く、体の外に排出させることです。シミの原因とメカニズムを理解して、これらの原因を回避しましょう。

顔のシミを消す効果のある美容成分は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミには美白効果の高い成分が使われている基礎化粧品でのケアが欠かせません。シミを消す美容成分はその効果によって、主に2つに分かれます。1つはメラニンの生成を抑えて、シミを発生させないようにする効果です。もう1つは、できてしまったシミを薄く目立たせなくする効果です。

 

そしてメラニンの生成を抑えて、シミを発生させないようにする美容成分にも、2つの種類の美容成分があります。1つは、メラニンを作り出す酵素の働きをストップさせる美白成分。もう1つは、メラノサイトにメラニンを作らせるための情報伝達物質をストップさせる美容成分です。

 

これらの働きをする美容成分は、いろいろありますが、その中から代表的な美容成分をまとめてみました。

メラニンの生成を抑える効果のある美容成分

美容成分

プラセンタエキス

メラニンの生成を抑えて、シミを発生させないようにする効果のある美容成分の1つに、プラセンタエキスがあります。動物の胎盤から取れた栄養豊富な美容成分ですが、メラニン色素を発生させるために必要なチロシナーゼという酵素の働きをストップさせる作用があります。これに加えて抗炎症作用や活性酸素を取り去る作用もあるため、より効果的にメラニン色素の発生を防いでくれます。

アルブチン

コケモモなどの植物に含まれるアルブチンも、チロシナーゼの働きを抑えて、メラニンの発生をストップさせてくれる美容成分です。

トラネキサム酸

人工的に合成されたアミノ酸のトラネキサム酸も、メラノサイトの働きを抑えてメラニン色素を発生させなくする働きをします。紫外線によるシミだけでなく肝斑にも効果を発揮します。

コウジ酸

麹から作られるコウジ酸も、メラニンの発生を阻害する成分としてよく知られています。メラニンを生成するよう伝える情報伝達物質を発生させない、活性酸素を抑える、炎症を予防するといった紫外線によるダメージを防ぐ効果が高いことで知られています。

できてしまったシミを薄くする成分

ビタミンC誘導体

できてしまったシミを薄く、目立たせなくする成分の代表選手は、ビタミンC誘導体です。ビタミンCは美白効果の高い成分として知られていますが、肌に吸収されにくいというネックがありました。このネックを解消し、肌への浸透力を高めたのがビタミンC誘導体です。優れた美白作用で、できてしまったシミを薄くしていきます。

 

ビタミンC誘導体はメラニンの発生を阻害する働きもあるので、これからできるシミにも、できてしまったシミにも効果のある非常に優れた成分です。

ハイドロキノン

また、ハイドロキノンもメラニン色素を薄くする働きをします。肌の漂白剤と呼ばれるほど効果があるのですが、刺激が強いので注意が必要です。

顔のシミは、何歳くらいから増える?年齢は関係なし?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

年を重ねるごとに気になってくるのが、顔のシミです。いったい何歳くらいからシミが増えるのでしょうか。

 

シミが増える年齢は、種類によって異なる

シミになる

 

シミが増える年齢は、シミの種類によっても異なりますし、その人の体質や肌の状態、生活習慣などによっても異なります。たとえば肝斑と呼ばれるものは、女性ホルモンの働きによって増えるといわれており、30代~40代の女性に多くみられます。しかしその後閉経すると肝斑は消えてしまいます。

 

このほか、子どもの頃から発生するソバカスもあります。炎症が原因で起こる遅発性両側性太田母斑は、年齢とはまったく関係なく発生します。

 

また紫外線対策をしていない、喫煙習慣がある、睡眠不足、ストレスが溜まっているなど生活習慣によっても気になり始める年齢は変わってきます。

紫外線でシミが増える年齢は?

シミの代表的なものは、紫外線が原因でおこる老人性色素班と呼ばれるものです。

 

ある製薬会社の調査によると、老人性色素斑は年齢が上がるに連れて増えるスピードも増すことがわかりました。学生時代に部活で外で運動をしていた人など紫外線をたくさん浴びている場合、20代から増える人もいます。しかし、シミが気になり始める年齢は、30代を超えてから……というが一般的です。

 

シミで悩む

 

調査によるとシミが増えるスピードは、年齢とともに早くなり、20歳~35歳の人たちと、35歳~65歳の人たちを比べると、シミが増えるスピードは、2.3倍になることがわかりました。このことからシミが増える年齢としては35歳が目安といえます。

 

またシミは今、目に見えているものだけではありません。まだ肌の表面には発生していなけれど、肌の内側でシミになるのを待っているシミ予備軍があります。このシミ予備軍が、肌の表面に現れ始めるのも35歳前後です。

 

このため35歳以降は、これまでに現れていたシミに加え、シミ予備軍が発生し始めるので、急にシミが増えると感じる人が多いのです。

 

20代から始めるシミ対策

このシミ予備軍は、35歳までに蓄積されていきます。ですから今はシミが気にならない20代や30代前半の人であっても、早め早めにホワイトニングケアに取り掛かることが大切です。

 

もちろん35歳以降の場合は、さらに積極的なスキンケアが必要となります。というのもターンオーバー周期は、年齢とともに長くなっていくからです。このためメラニン色素が体の外に排出されにくくなります。適切なホワイトニングケアを行って、幾つになっても美しく透明感のある美肌を維持しましょう。

顔のシミってどんな種類があるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

一口にシミといっても、さまざまな種類があります。顔に出来るシミの主な種類について、まとめました。あなたのシミがどの種類のものなのかを理解することで、適切なケアが可能になります。

 

シミの種類

シミ

老人性色素斑

第1は、老人性色素斑です。シミの種類のなかでも、最もよく知られているものです。これは紫外線が原因で出来るシミで、シミのなかでも代表的なものです。

 

紫外線を浴びるとメラニンが生成されますが、これが肌のターンオーバーによって体の外に排出されれば問題はありません。しかし、ターンオーバーの乱れなどで、うまくメラニンが排出されない場合、シミとなって現れます。加齢に伴ってシミが目立ち始めるのも特徴です。

肝斑

第2は、肝斑です。頬骨などに左右対称で現れるのが特徴で、30代~40代の女性に多いのですが、閉経するとこのシミは消えてしまいます。このため、女性ホルモンによって現れると考えられています。妊娠やピルの服用でも、現れやすくなります。

そばかす

第3は、そばかすです。細かな点のようなシミが顔に散らばったように出るのが特徴です。遺伝によるものも多く、小学生ころから出始めます。紫外線によってソバカスが濃くなるケースも少なくありません。

炎症性色素沈着

第4は、炎症性色素沈着です。ニキビや虫刺され、化粧品によるかぶれなど皮膚の炎症が原因で発生するシミです。皮膚が炎症を起こすと、炎症を治そうとして新たな細胞を生み出そうとする働きがおこります。このときにメラニンを発生させようとする働きも活発になるため、炎症部分がシミになることがあります。このシミは年齢にかかわらずできますが、時間がたつと薄くなっていくこともあります。

スキンケアでは効果が現れない種類のシミも

遅発性両側性太田母斑

第5は、遅発性両側性太田母斑です。これは額や頬などに、生まれたときからあるシミや青色のアザです。生まれてすぐに出現する場合もあれば、大人になってから出現するものもあります。これはスキンケアでは改善されない症状なので、レーザー治療などが行われます。

脂漏性角化症

第6は、脂漏性角化症です。シミがイボのように盛り上がったものです。顔だけでなく、手の甲に出現することもあります。このシミもスキンケアでは効果がありません。皮膚科などでレーザーによる治療が必要となります。

 

このほかにも摩擦黒皮症花弁状色素斑など、さまざまな種類があります。紫外線が原因の老人性色素斑は、ホワイトニング効果の高いスキンケアなどで改善できますが、なかには化粧品では効果が現れない種類のものもあります。

 

シミの種類をよく見極めて、適したケアを行うことが大切です。自分のシミがどの種類なのか気になる場合は、皮膚科の先生に相談してみましょう。

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬