シミを消す

【シミを消す】シミを消したい私がクリームと薬で薄くした方法

40過ぎてシミが濃くなりシミの消し方を探した。いろんなシミ取り法を試したけど効果なし。最近試した薬とクリームに効果がありシミも薄くなり消えた!濃いシミも我慢強く対策すれば綺麗に消えるシミの消し方、教えます。

顔のシミを消すための効果的なツボ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

美容の大敵であるシミ。実はツボを押すことでシミを消す効果も期待できます。ツボは肩こりや冷えなどのさまざまな体調不良を、ツボを刺激することによって改善する伝統的な治療方法です。美容にも効果があるので、シミを消すための対策として、ツボ押しを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

シミを消すメカニズム

ツボ押し

 

ツボ療法では、体内に経絡という気が流れていると考えられています。そしてこの気の流れが集まる場所がツボで、専門用語では経穴といいます。体の不調は、経絡という気の流れの不調が原因という考えから、経穴を押すなどして刺激を与えることで気の流れを正常に戻し、体の不調を改善させていきます。

 

ではこのようなツボ療法が、シミを消すことに効果を発揮するのでしょうか。シミは紫外線や炎症、活性酸素の発生などの刺激を受けて、体を守るためにメラニン色素が作り出されることが原因で発生します。通常メラニン色素は、新陳代謝によって角質とともに肌から剝がれ落ちてしまいます。このためメラニン色素が発生しても、必ずしもシミになるわけではありません。

 

問題なのは肌の新陳代謝がうまく行われず、メラニン色素が長く体にとどまってしまうことです。肌のターンオーバーは28日周期といわれますが、ストレスや疲れ、体調の変化、ホルモンバランスの乱れなどでターンオーバー周期が長くなることがあります。このような状態はツボ療法で考えると、気の流れが滞っていることになります。そこでツボを押して気の流れをスムーズにさせることで、ターンオーバー周期を正常に戻し、シミを消す効果を高めるのです。

 

シミを消すのに効果的なツボ

足つぼ

攅竹

シミを消すのに効果的なツボには、まず眉頭にある攅竹というツボがあります。眉頭の少しへこんでいるところで、目元の血行を良くしてメラニン色素を体の外へ排出させてシミを消す効果を高めます。

睛明

目の内側にある睛明というツボも効果があります。このツボを押すと、顔の血行が良くなり、新陳代謝を促します。血行がよくなるのでシミを消すだけでなく、くすみが消えて肌が明るくなるといった効果もあります。

承漿

下唇の真ん中のすぐ下にある承漿というツボも、顔の血行を促進させます。

顴髎(けんりょう)

また、頬骨のハシの方にある顴髎(けんりょう)というツボも新陳代謝を促してくれます。頬骨の下の真ん中あたりに、少しへこんだところがありますが、そこが顴髎です。お肌にハリを与える効果もあります。

太陽

目尻と眉尻の間にある太陽というツボも肌のターンオーバー周期を整える働きがあります。

 

これらのツボを、マッサージをするときに意識的に押すようにすれば、マッサージ効果に加えてツボ療法によってシミを消す効果が高まります。

顔のシミを消すための効果的な洗顔方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミを消すための効果的な洗顔方法をご存じですか。シミを消す効果の高い基礎化粧品を使っていても、洗顔方法が間違っていたのでは、シミを消すことはできません。シミを消すための正しい洗顔方法をマスターしましょう。

 

間違った洗顔がシミになる!

紫外線だけでなく、肌が炎症を起こしてもメラニン色素が生成されて、シミの原因となってしまいます。シミを消すためには、肌の炎症を起こさないことが大切です。肌の炎症は目に見えないレベルで起こっていることが多く、その多くが洗顔による摩擦で発生する炎症です。

 

シミを消す正しい洗顔方法

正しい洗顔

 

では、シミを消す正しい洗顔方法とは、どのようなものなのでしょうか。それはホイップクリームのようなふわふわでキメの細かな泡を作り、手のひらではなく泡で顔を洗う洗顔方法です。ある程度の弾力がある泡になるまで、石鹸で泡を作りましょう。

 

弾力のある泡の作り方は、まず洗面器に大さじ2杯~3杯程度のぬるま湯を入れます。そこに石鹸をつけて数回回して、石けん分をぬるま湯にしっかりと溶かします。この後手でお湯をかき混ぜていくと、しっかりとした泡が作れます。

 

泡立て用のネットを使うのも、かんたんでおすすめです。まずネットを水で湿らせましょう。ネットで石鹸を何度かこすります。さらに手をネットにこすり合わせて泡を立てていきます。その後ちょっぴりの水を加え、さらに空気を入れながら泡立てていきましょう。これを何度か繰り返せばしっかりとした泡が完成します。

 

泡は手のひらに載せて逆さまにしても、落ちないくらいの硬さが理想的です。こうすることで泡だけで顔を洗うことができます。すすぎもしっかりと行いましょう。このときにも顔をこすらないように注意してください。最後にタオルで顔をふくときも、タオルを顔に押さえるような気持ちで当てて水分を吸い取らせましょう。決してタオルでゴシゴシこすらないでください。

 

この洗顔方法以外にも、古い角質を取ることで、シミを消す効果を高めることができます。このため角質を取るピーリング効果のある石鹸も販売されています。しかし使いすぎると、肌にダメージを与えるので逆効果です。またピーリングによって角質を剥がしたあとは、お肌は何の防御もない状態です。ここに紫外線が当たると、シミが増えてしまいます。ピーリング後はしっかりと保湿をして、紫外線対策も怠らないように注意しましょう。

 

いかがだったでしょうか。シミを消す洗顔方法を習慣にして、美白効果を高めましょう。洗顔方法に気を配ることは美肌につながります。

ためしてガッテンで紹介!シミを消す画期的な方法とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

NHKの人気番組「ためしてガッテン」で、シミを消す方法が紹介されていたのをご存知でしょうか。見逃したという方のために、ためしてガッテンで放送された内容をまとめてみました。

 

ためしてガッテンで警告!赤いシミには要注意

シミには赤いものと、茶色ものの2種類があります。「ためしてガッテン」では、赤いシミは皮膚がんになる可能性があるため要注意と警告を発しています。赤いシミのうち日光角化症と呼ばれるものは、皮膚の病気です。日光角化症による赤いシミは、スキンケアを行っても消すことは難しいので、皮膚科でお薬を処方してもらいましょう。

 

イミキモドクリームという薬で、きれいにシミを消すことができます。

 

ためしてガッテン流、茶色いシミを消す方法

そして女性が最も気になるのが、紫外線による茶色いシミです。「ためしてガッテン」によると、ふだん行っている何気ない習慣をやめるだけで、劇的にシミを消すことができるといいます。

 

シミの原因はメラノサイトという細胞がメラニン色素を発生させ、それが体内から排出されずにいると、シミへと変化します。メラニン色素を発生させる原因は、紫外線のほかにも肌の摩擦による炎症によっても起こります。肌が炎症をおこすと、炎症部分を修復するために肌細胞の働きが活性化します。このときにメラノサイトも活性化して、メラニン色素を作り出してしまうのです。

 

ですから肌の炎症をなるべく起こさないようにする必要がある、と「ためしてガッテン」では説明しています。見た目にはわからなくても、肌が炎症を起こしていることは多いのです。特に気をつけたいのが、肌をこすることで生じる、摩擦による炎症です。

 

ためしてガッテン」が行った実験で、肌をなるべくこすらないように気をつけて生活をした人の肌を調べたところ、炎症が鎮まり、シミも薄くなっていました。顔を洗うときにゴシゴシこすったり、ジェルやクリームを付けずにマッサージをしたりといったことの無いように注意するだけで、シミを消す効果が期待できることが、ためしてガッテンの実験で実証されたことになります。

 

シミを消すためにも洗顔時には、なるべくしっかりと泡を立てて、手のひらではなく泡で顔を洗うようにしましょう。ただし、シミを消すためには、数か月は必要です。根気よく続けることが大切です。ただ、メラニン色素の発生は紫外線や活性酸素の増加などによっても起こります。このため全部のシミを消すのは難しいのですが、少しでも目立たなくさせる効果は期待できます。ためしてガッテン」で紹介された、肌をこすらないことでシミを消す方法、ぜひ試してみましょう。

食べ物を顔に付けてシミを消す方法は効果があるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

シミを消す方法の一つに、レモンなどの食べ物を顔に乗せるパックがあります。どのような方法があり、本当にシミを消す効果があるのでしょうか。

 

レモンを貼る

シミ対策にレモン

 

レモンパックは食べ物パックのなかでも、よく知られている方法です。レモンはビタミンCが多く含まれている食べ物です。ビタミンCは美白効果にすぐれた栄養素で、メラニン色素の生成を抑えるとともに、肌のターンオーバー周期を整える働きをします。

 

レモンパックは、シミを消す方法としてはとても理にかなっています。しかしレモン汁をぬった肌に紫外線が当たると、シミができやすくなるので注意してください。夜眠る前に行い、その後は水でよくすすいでレモン汁が肌に残らないようにしましょう。レモンパックは週に1回~2回すれば十分に効果が出てきます。

 

アロエを貼る

アロエは昔から、薬の代わりとして使われてきた食べ物です。火傷した肌にアロエの果肉を貼ると効果があることでも知られており、火傷の一種である日焼けやシミを消す効果があります。

 

アロエにはアロエジンという成分があり、これがメラニンの生成を抑える働きをします。さらに肌の新陳代謝を活性化させ、ターンオーバーの周期を整える効果もあります。そのうえアロエベラのエキスが、紫外線による細胞のダメージを防ぐ働きもしてくれます。

 

アロエはシミを消す食べ物として、非常に優れているのです。果肉をシミの部分に乗せるよりも、果汁を肌に塗るほうが効果が高まります。

 

玉ねぎを貼る

シミ対策に玉ねぎを

 

玉ねぎもシミを消す効果の高い食べ物です。玉ねぎに含まれている酸が、シミの色素を薄くする働きがあります。特に紫玉ねぎにその効果が高いので、パックをするなら、紫玉ねぎがおすすめです。玉ねぎの輪切りを顔に乗せてもいいですが、玉ねぎの汁を直接シミに塗って、10分程度したらしっかりと洗い流しましょう。

 

食べ物がシミを消す理由は?

食べ物にはさまざまな栄養素が含まれており、その成分がメラニン色素の生成を抑える、肌の新陳代謝を高める、シミを消すといった効果があります。特に今回ご紹介した食べ物はシミを消す効果が高いので、試してみてはいかでしょうか。

 

ただ、柑橘類や玉ねぎなど食べ物は化粧品とは違って刺激が強いというデメリットがあります。肌に合わないと炎症やアレルギー反応を起こすことがあるので、使用する前に腕などでパッチテストをすることをおすすめします。またこれらの食べ物はパックとして使う以外に、実際に食べて体の内側からシミを消す効果もあります。身近な食べ物のパワーで、シミを消す対策をおこないましょう。

コンシーラーはシミ消しに使える?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

コンシーラー、その存在は知っているけれど使っていない、どんなメリットがあるのかピンとこないという人も少なくありません。コンシーラーはどのような役割があり、シミを消すのに効果があるのでしょうか。

 

コンシーラーの主な役割について

コンシーラー

 

コンシーラーはシミやそばかすを消す効果が高く、気になる肌の悩みをしっかりとカバーしてくれる化粧品です。シミが気になるからと、ファンデーションで厚塗りすると不自然なメイクになってしまいます。そんなときに隠したい箇所だけピンポイントにカバーしてくれるコンシーラーは、ファンデーションを厚塗りすることなくシミを隠してくれる救世主です。

 

コンシーラーはシミ対策になるのか?

コンシーラーはシミを消すのに、もっとも有効な化粧品です。シミ対策には欠かせないアイテムですから、シミが気になり始めたら是非使ってみてください。

コンシーラーの4種類

コンシーラーにはリキッドタイプのもの、クリームタイプのもの、スティックタイプのもの、ペンシルタイプのものがあり、最もカバー力が高いのがスティックタイプとペンシルタイプのものです。次にクリームタイプ、最もカバー力が弱いのがリキッドタイプです。

 

スティックタイプのコンシーラーは気になる箇所に塗りやすい、口紅タイプです。固めなのでしっかりとカバーしてくれますから、濃いシミでも消すことができます。

 

ペンシルタイプのコンシーラーは鉛筆状になっており、細かなシミやソバカスを消すのに最適です。こちらのコンシーラーもカバー力が高いのできちんとシミやソバカスを消すことができます。

 

クリームタイプはリキッドタイプよりも柔らかめで、よく伸びるのが特徴です。スティックタイプやペンシルタイプよりもカバー力が低いので、薄めのシミを消すのに適しています。

 

リキッドタイプはサラサラの液状のコンシーラーです。筆で塗ったり、指で伸ばしたりして使いますが、カバー力はやや低めです。広範囲に広がるシミやソバカスを消すのに便利です。ただカバー力はあまりありません。薄めのシミを消すのに使いましょう。

コンシーラーの選び方

コンシーラーを選ぶときは、自分の肌よりやや暗めの色を選ぶのがコツです。肌より明るい色のコンシーラーを使うと、そこだけ明るくなるので逆に目立ってしまいます。またコンシーラーと肌の境目をしっかりとぼかすのも、自然なメイクに仕上げるポイントです。

 

周りを丁寧にぼかし、その上からファンデーションを塗りましょう。コンシーラーは薄く付けて、シミが隠れるまで何度か重ね塗りしてください。こうすることでコンシーラーでシミを消す効果が高くなるうえに、自然な仕上がりになります。

出来てしまった顔のシミを減らす方法は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

できてしまったシミを放っておくと濃くなったり、増えたりしてしまいます。シミを減らすためにホワイトニング効果のある基礎化粧品でスキンケアをする方法や、サプリメントなどを服用する方法を摂るのが一般的です。

 

このような方法でシミを減らすことも大切ですが、ふだんの生活に気を配ることも、シミを減らすための大切な方法です。毎日のスキンケアだけに頼らず生活習慣を見直して、効果的にシミを減らすことを考えましょう。

 

メラニン色素を減らす方法

日焼け

 

シミは紫外線などの刺激から肌を守るために、メラニン色素が作り出され、それが肌に長期間停滞することによって発生します。シミを減らす、シミを作らないためには、紫外線対策を行うことがとても大切です。

 

メラニン色素は紫外線だけでなく、活性酸素が体内に発生したときも、活性酸素の働きを抑えるために増えてしまいます。活性酸素は殺菌効果が高い成分で、体の中に入ってきた細菌を撃退してくれる働きをしますが、強力な酸素などで体を酸化させて老化を早めてしまいます。活性酸素を減らすことが、シミを減らすとても有効な方法なのです。

 

活性酸素は喫煙や飲酒、ストレス、睡眠不足、激しい運動、食品添加物などによって発生します。ですから喫煙習慣がある人は禁煙することをおすすめします。またお酒の飲み過ぎにも注意しましょう。活性酸素を除去してくれる水素サプリを飲む方法もあります。水素は活性酸素を除去しますから、水素サプリを飲むのが効果的でしょう。

 

ストレスも活性酸素を増やしてしまいます。上手にストレスを発散させましょう。激しい運動は逆効果ですが、ウォーキングやヨガなどの軽い運動は、ストレスを発散させる効果がありますし、血行を良くするので新陳代謝が良くなり美肌効果も高いのでおすすめの方法です。

 

食べ物でメラニン色素を減らす方法

シミ減らす

 

メラニン色素を減らす方法として、毎日の食事に気を配ることも大切です。シミを減らす効果の高い栄養素を積極的に取ることで、シミを減らすことができます。メラニン色素を減らしてくれる栄養素は、ビタミンC、ビタミンA、ビタミンEです。これらの成分はメラニン色素を体の外へ排出する働きをするので、シミを減らすのに効果を発揮します。

 

ビタミンCは、美白効果の高い成分としてよく知られています。ミカンやレモンなどの柑橘類、いちごなどに多く含まれています。ビタミンAはレバー、うなぎ、卵黄、緑黄色野菜などに多く含まれています。ビタミンEはアーモンドなどの豆類、あんこうの肝、モロヘイヤなどに多く含まれています。

 

ビタミンを積極的に取ることを意識しながら、栄養バランスのとれた食事を心がけることも、シミを減らす有効な方法です。

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬