シミを消す

【シミを消す】シミを消したい私がクリームと薬で薄くした方法

40過ぎてシミが濃くなりシミの消し方を探した。いろんなシミ取り法を試したけど効果なし。最近試した薬とクリームに効果がありシミも薄くなり消えた!濃いシミも我慢強く対策すれば綺麗に消えるシミの消し方、教えます。

医薬品とサプリメントの違いは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

医薬品とは?

ロスミンローヤルはシミと小じわのWの効果が認められた、日本でただひとつの医薬品です。美容や健康に関するものでは、サプリメントが多いですが、医薬品とサプリメントとはどこが違うのでしょうか。

 

医薬品はサプリメントとは異なり、人や動物の病気の治療や予防、診断のために使うものです。法律できちんと定義が定められており、開発時に細胞実験から動物実験、そしてヒトへの実験で安全性を確認し、精度の高い科学的データと実証効果が得られている必要があり、製造工程もきちんと管理されている必要があります。

 

このため医薬品として販売するためには、厚生労働大臣から製造販売承認を得なければいけません。また一般医薬品は薬剤師または、登録販売者の資格がある販売員がいる薬局などでしか販売できません。このためロスミンローヤルも、調剤薬局とドラッグストアを全国展開するアインファーマシーズが販売しています。

 

実験によって効果があり、かつ安全性が高いと立証された、高品質なものが医薬品です。ですからサプリメントとは異なり、効果や効能を表示できます。

 

ロスミンローヤル 公式サイト ↓
https://ainz-tulpe.com/

サプリメントとは?

シミに効くサプリ

サプリメントはお薬ではなく「食品」です。サプリメントは薬ではなく、健康を維持するための栄養を補助するための食べ物なのです。ですから医薬品とは異なり、人体実験などを行う必要がなく、販売をするのに厚生労働大臣の認可も不要なため、医薬品に比べて、簡単に製造・販売が行えます。

 

しかし栄養不足の補助が大きな目的ですから、病気の治療などには効果を発揮しません。本来なら毎日の食事で摂取するべき栄養素が多忙などの理由で取れない人のために、食事だけでは足りない栄養素を補うために飲むものです。

 

このため薬局だけでなくコンビニエンスストアなどの小売店でも購入できます。そして医薬品と異なるのが、効果や効能を表示できないことです。このため他の商品との差別化を図るために、特定保健用食品や栄養機能食品、保健機能食品といった制度が設けられています。

 

これは厚生労働省に成分の効果や安全性が認められたものが、これらの表記をできる制度ですが、サプリメントとして販売するために、どうしても認可を受けなければならないものではありません。

 

医薬品とサプリメントの違い

医薬品は、法律によって定められた規定によって作られており、治療効果などが認められるもの。サプリメントもそれなりの効果は期待できますが、健康食品です。医薬品とサプリメントの違いを把握して、自分に最適な商品を選ぶことが大切です。

皮膚科で採用されているハイドロキノンの効果と副作用について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目安時間 約 4分

ハイドロキノンはお肌の漂白剤と呼ばれるほど美白効果が高く、シミを消してくれる薬です。しかしシミを消す効果が高い分、肌への刺激も強いので注意が必要です。ハイドロキノンにはどのような効果があり、どのような副作用がある薬なのでしょうか。

 

シミを消す薬、ハイドロキノンの効果

クリーム

 

ハイドロキノンには主に3つの効果があります。

 

まず1つ目は、シミの原因となるメラニンが作られるのを抑える効果。2つ目は、メラニンをつくりだすメラノサイトと呼ばれる細胞を減らす効果です。そして3つ目は、できてしまったシミを薄くする効果です。

 

これらの効果によってシミができるのを防ぐだけでなく、できてしまったシミにも効果を発揮するお薬です。美白効果の高い成分ではビタミンCがよく知られていますが、ハイドロキノンはビタミンCよりも何十倍ものシミを消す効果があるので、治療薬として皮膚科でも使われています。

ハイドロキノンに副作用はあるの?

副作用なし

 

ハイドロキノンは効果が高い分、副作用が起こることがあります。このため、以前は皮膚科で薬を処方してもらわなければ、ハイドロキノンを使ったクリームは手に入りませんでした。しかし現在は、ごく少量であれば化粧品に使ってもよいとされています。ただ、薬の効果を得るなら、皮膚科で薬を処方してもらうことをおすすめします。

 

このようにハイドロキノンは刺激の強い成分ですから、正しく使う必要がありますし、体に合わなかったり、高濃度のものを使ったりした場合に、副作用がでることがあります。

 

ハイドロキノンによく現れる副作用は主に炎症、白班、シミの悪化です。

 

体に合わなかったり、ハイドロキノンの管理が悪く酸化しているものを使ったりすると、肌が赤くかぶれたり、炎症をおこしたりします。ハイドロキノンは劣化しやすいので古いものなどは使わないようにすることが大切です。体質に合わない場合もあるので、使う前にパッチテストをしてから使用することをおすすめします。

 

白班は、肌が必要以上に白くなってしまうことをいいます。シミを消してくれるハイドロキノンですが、この薬を長い期間にわたって使いつづけていると、塗っていた部分が白くなりすぎることがあります。濃度が薄いものはこのような副作用は出ていませんが、濃度5%以上のものを使うときは、長期間にわたっての使用はおすすめできません。

 

また、ハイドロキノンを塗った部分に紫外線が当たると、シミが悪化することもあります。ですからハイドロキノンを使っているときは、紫外線には十分に気をつける必要があります。ハイドロキノン入りの化粧品を使う場合は、外出時にはUVカット効果の高い日焼け止めクリームを塗るなどして、紫外線を浴びないようにしましょう。

人気のシミ対策
ホワイトニング リフトケアジェル
シミ関連記事検索
シミを消すメニュー
シミを消す人気記事
シミを消す化粧品
ホワイトニング リフトケアジェル
シミを消す内服薬